蕎麦

繁盛そば

十日戎の日に堀川戎神社の側の表記の店を当社の社員さんとランチタイムに訪問。商店街の中に位置する地元では有名な老舗店。店内はテーブルが4卓とカウンターに数席。お店の看板はチェーン店のような感じだけど完全な家族経営のお店。

うどんはなく、そばのみのメニューは冷たいものが10種類、温かいものが10種類のみ。「初めてなのでお勧めをお願いします!」と告げると「冷たいそばを食べて欲しい」と言われ、その中で「きのこ山芋ざるそば900円」をお勧めいただく。

冷水でしっかりと締められたざる蕎麦が注文から3分ぐらいで提供される。見た目は細めの更科系で麺線はしっかりした美しいビジュアル。噛み締めるとぐいっとコシのある食感でツルツルと喉越しも良く、かなり美味しい。提供時に「なまものなので早めに召し上がりください」とのこだわりの一言あり。関西風の甘みのある角の取れた「つけ汁」も鰹の香りがとてもいい。中には舞茸と長芋が入る。

途中でご主人が厨房から出てきてテーブルの上のゆかりのような胡麻をすりおろして蕎麦にかけていただくのがお勧めと言われる。自らわざわざ胡麻をすりおろしていただき「風味と味が逃げるのですりおろした胡麻はつゆにつけてはいけない」等、丁寧に食べ方も説明いただく。かなり親切な方である。確かに最後に鼻に抜ける胡麻の香りがとてもいい。「胡麻をかけて食べるのはうちだけだよ」とも言っておられた。

最後に薄めの蕎麦湯を汁に混ぜて完飲する。ごちそうさまでした・・・・

大阪市北区天神橋3丁目8-26
06-6358-7088


カテゴリー 扇町/天満, 蕎麦 |

手打ち釜揚げそば むら田

和泉市の光明池運転免許場に用事があり、その帰りにすぐ近くにある表記の蕎麦店を訪問。大きな古民家をリノベーションしたお店で暖簾をくぐると石臼の製粉機と蕎麦打ち場のある土間がある。靴を脱いで座敷に上がり広間の席に案内いただく。

早速「釜揚げそば1200円」を所望する。その他にも鴨汁そばや普通の温かい出汁の蕎麦などもあり。蕎麦は福井県産の蕎麦粉使用とのこと。

各席には個々にコンロが設置されていて釜がセットされる。調理する手間が不要なのであっという間に蕎麦がサーブされる。釜の湯が沸いたら食べる分だけ湯がいていただくという趣向。約20秒くらいで引き上げて薬味と生卵を入れた甘めの蕎麦汁でいただく。

蕎麦も美味しくてしゃぶしゃぶのような感じでいただけてとても新鮮な感じ。蕎麦湯を出汁に入れていただくと体が一気に温まる。駐車場も10台分くらいあり。。ごちそうさまでした。。

和泉市伏屋町5丁目2-19
月曜定休


カテゴリー 和泉市, 蕎麦 |

よし井 12月

堺にある昭和46年創業の表記の蕎麦店を母親と訪問。この店の近くの1695年創業と言われる宿院の「ちく満」と同様にせいろ蒸しの蕎麦が有名

堺北警察署の西側の通りを南に50m、阪堺線の大小路駅西側に店は位置する。店舗の前に大きなコインパーキングあり。時分どきは混むので開店直後に訪問することが多い。

昭和感満載で驚くくらい薄暗い停電中のようなムードのある店内は10席のカウンターのみ。せいろ蒸しがシグニチャーなんだけど普通の蕎麦も色々あるので使い勝手もいい。ホームラン蕎麦もおすすめ。お店は高齢のご主人と奥さんと天ぷら担当の御子息で切り盛り。厨房の真ん中には大きな茹で釜とセイロが鎮座。

今回はせいろ蒸し1斤650円を注文。1斤という単位はこちらの店とちく満でしか聞いたことがない専門用語らしい。注文後約1分で提供いただく。カップラーメンよりも速い事にびっくり。厨房を見れば最初から大量に蕎麦を湯がいて釜の横で保温状態とする。注文が通るたびにご主人が釜で温め直してせいろに盛りつける。いいアイデア・・・・

薬味はネギとわさびで大きなお椀に生卵が入る。長時間加熱され続けた真っ白の麺はかなり柔らかい。コシは全くないけどとても食べやすい。消化も良さそうで歯がいらないくらいなのでお年寄りにはぴったり。普通の蕎麦と比べなければ懐かしい味として味わい深いと思う。蕎麦粉と小麦粉の割合は半分ずつと昔に聞いた記憶がある。

出汁は昆布と鰹節の香る関西風でケレンがなく、かなり美味しい。生卵が入ってかなりマイルドになる。柔らかな麺との相性は完璧。。最後の熱々の蕎麦湯がご馳走。

この日は海老天2本400円をオプションで注文。海老自身は大きくないけどプリプリでめっぽう旨い。

過去のよし井はこちら

堺市堺区甲斐町西1丁2-22
11:00~19:00
日/祝休み

 


カテゴリー 堺市, 蕎麦 |