心斎橋/四ツ橋

辛激屋(シゲキヤ)

中央区南船場の表記の人気カレー店を訪問。たまにどうしても食べたくなる店で大阪メトロ堺筋線「長堀橋」駅から北西に徒歩4分の場所に位置する。間口の狭い店内はカウンター11席程のみ。店主さんと店主さんのお母さん(と思われる)との2人体制。

店名通り辛めのカレーが名物でビシッと辛い「黒カレー」と「黒カレー」に花椒を加えた「麻辣黒カレー」の2つがレコメンドメニュー。デフォルトでも辛いんだけどさらに辛さを増すことができる。これらのカレー以外にもトッピング含めて色々(12種類くらい)ある。

今回は辛さ抑えめ的なスパイスカレーのチキンカレー1100円を注文する。ご飯の量を聞いてくださるので少なめでお願いする。

しばらくして着皿。ビジュアルはシャバシャバのスパイスカレーのような感じ。このチキンカレーは3辛で中間値なんだけどチクチクする辛さがあって数種類のスパイスの香りが鼻に抜ける。途中で汗がじわりと出てくるのがわかる。後追いで体が熱くなって頭皮の汗腺が開く気がする。ある意味爽やかな感じもある。

中に入るチキンは柔らかく煮込まれていてかなり美味しい。カウンターに「ニンニクとアーモンドの油」なるものが置いてあり、ご飯に乗せてルーと一緒に食べるとマイルドな味変ができる。途中キャベツの酢漬とか水をいただくんだけど辛さは一向におさまらない。しかしながらクセになるような旨みもあってあっという間に完食してしまう。食事の途中でご飯やルーが足りなくなるとサービスで足してくれるのも嬉しい。

ご飯少なめは会計時に100円引きだったのにびっくり・・・・ごちそうさまでした。

大阪市中央区南船場2-5-21
営業時間11:00-17:00
日曜日定休


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, カレーライス |

海底撈火鍋(カイテイロウヒナベ) 心斎橋店

心斎橋の表記の火鍋の専門店を中国人の留学生含め9人で訪問。1994年に、中国四川省建陽で創業され現在は、中国国内だけでなくアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、日本、韓国、シンガポール、マレーシアに約1700店舗展開されているとのこと。

こちらのお店は駅直結で心斎橋OPA10階フロア全部をまるごと使っており入り口にはアテンダントが3名。週末の行列中には無料のお菓子や無料ネイル、囲碁などのボードゲームなどのサービスもある。店内はかなり広くてボックス席が中心で収容人員は300名らしい。

客はほとんどが中国人。スタッフも8割は中国人でキッチンは全員中国人とのこと。今回は個室料3000円を払って個室円卓を用意いただく。入店後は注文装置のIPadの操作の仕方やエプロンやヘアゴムを貸してくれたりなど至れり尽くせり。キッズルームもあって席のiPadから様子を見ることができるのはお見事。

最初にお鍋のスープをチョイス。麻辣、トマト、白湯、豚ガツ、高菜漬など8種類から1色鍋、2色鍋、4色鍋を選ぶ。今回はメインの麻辣、トマト、豚ガツ、きのこを所望する。

具材は多彩で今回は豚の天ぷらや豚バラ肉、羊肉、味付き羊、アヒルの血を固めた物、センマイ、ハチノス、豚の脳みそなどのホルモンやエビやイカのすり身や野菜などを大量に注文。

こちらの店の特徴は23種類の調味料、香辛料から独自のつけタレを作ること。
好みに合わせて香菜、ゴマ、生姜、ニンニク、葱等の香味野菜や醤油、ゴマ油、香酢、豆板醤、豆鼓醤、辣椒醤、海鮮醤等を合わせてカスタマイズ。ゴマだれポン酢など和風にもできてとても楽しい。初心者用のおすすめタレなどもある。

本場の麻辣だけあってかなり辛くて痺れる。バージニアオレンジとライチ、枝豆などの前菜が取り放題でそれらを食べて口を冷ます。

途中で演者さんが部屋に乱入し、手を使わずに仮面が次々入れ替わる中国伝統芸能の”変面”も見ることができる。

鍋の最後にカンフー麺が登場。カンフーのヌンチャク捌きの様なパフォーマンスで
麺をぴょんぴょん延ばして好みのスープへ投入。

中国旅行と錯覚するくらいの賑やかな雰囲気で皆が楽しめる仕掛けとホスピタリティーに感動。何度も中国式のお誕生日のお祝いソングが流れたりしてずっと賑やかでデズニーランドのよう。。

誕生日の人全員に化粧品セットのプレゼントがプレゼントされます。ここは凄い・・・また再訪します。

大阪市中央区西心斎橋1-4-3 心斎橋オーパ 10F
06-6575-7627
営業時間 11:00~翌3:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, |

IKR51

南船場にある表記のラーメン店を訪問。心斎橋駅から徒歩5分。商店街を外れたいつも行列の「くさかカレー」と同じビルに位置する。道路に面していないので少し分かりにくい。こちらはラーメンも有名なんだけウニ丼やイクラ丼もある。

ラーメンは鶏、貝、牡蠣のスープの3種類とトッピングの異なりで価格が変わる具は、レア気味のチャーシュー、鶏肉チャーシュー、ワンタンなど。その他、帆立ラーメン1280円などもある。

丼は「いくら卵黄丼2000円」が一押しとのこと。その他、生ウニ卵黄丼はウニのランクによって5800円、8000円、9900円となっていて手の出ない価格。

ウニドック3300円〜や帆立、サーモン、イクラ、マグロなどの海鮮丼2300円〜などもメニューにある。今回はミニいくら卵黄丼1200円とアサリ味噌汁を所望。

しばらくして着丼。小さめのどんぶりにイクラがぎっしり入る。ビジュアルはとても美しい。卵黄に醤油を垂らしてかき混ぜていただく。いくらは粒も大きくてツヤツヤで塩味も強くなくてとても美味しい。ミニサイズだったので一気に完食。ごちそうさまでした。

大阪市中央区南船場3-11-27 日宝シルバービル1F
06-6120-0051
11時30分~14時30分 /18時00分~22時00分


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, どんぶり, 麺料理 |