心斎橋/四ツ橋

梅市

東心斎橋にある表記の和食店を数十年ぶりに訪問。江戸時代からの関西料理を今に伝える関西割烹会のレジェンドと言われる奥田氏のお店。心斎橋駅から徒歩7分、長堀橋駅から徒歩5分の千年町のビルの2階に位置する。

階段で2階に上がり店内に入ると昭和の空気感を感じながら広いキッチンが見えるカウンター席に案内いただく。調理場は奥田氏と若い板前さん、接遇は奥田氏のお姉さんが着物で担当される。

料理はコースですべて時価。この日は25000円で支払いは32000円でした。奥田氏はたくさんの弟子を輩出され。ミシュラン店もその中で2店ある。最高級の食材を使用し素材の特徴を見極め「しんみり」とした味付けは圧巻の美味しさと言われる。使われる器も上質なものばかりで見ているだけでため息が出る。

個性的なキャラのご主人は弟子の指導をしながら料理を作り、客の相手もされる。真昆布が不漁で難儀しているという話やその日使われる食材の話、独立して繁盛している弟子の話など喋り出したら澱みなく止まらない。。

座付きの白和え。こういった普通のものがびっくりするくらい美味しい。

大阪料理は2品目に前菜を出すのが正式。軸のついた金柑はかなり綺麗に炊かれている。牡蠣の時雨煮、大根と生姜の砧巻き、サーモン、昆布しめにした鯛の酒盗和えなど。

綺麗な蒔絵の描かれた煮物椀は蛤真薯。かなり柔らかく仕上げられる。脇には鶴菜と梅人参が添えられる。出汁の綺麗さと塩気の塩梅はお見事で塩味は薄いんだけど明確な味わいがある。これぞ生成りの料理なり。隣の高齢の客の出汁はさらに塩味を落としたものと言っていた。

続いての刺身は旬の平目に肝を添えて蛤の器で供される。手前にはパツパツ食感の甲烏賊と車海老。界隈でよくある熟成等はかけずにコリコリの状態で提供。刺身もこのお店ならではの切りつけと盛り付け。醤油には強いこだわりがあり生醤油を使用。それを出汁で割ってからさらに醤油を足すという作業。隣の高齢の客にはたまり醤油を出していた。

佐渡島の鰤を使った鰤大根。鰤の持ち味以上の味はつけない。鰤の旨みと脂の甘みが口いっぱいに広がる。魚の青臭さは当然皆無。残った出汁はそのまま飲めるほどの濃さでこれも滋味深い。。

ご主人が「今日は鮑が美味しいで」と言っていた鮑料理。仕入れ値が一つ7500円という徳島産の大きな鮑を丸ごと7時間蒸して少し炊いて最後に地をかけて焼いて仕上げる。大ぶりにカットされた身は出汁の味を含みながら鮑の旨みと水分をしっかり保ってプリプリ以上の食感でこれ以上美味しい鮑料理は食べたことがないと思えるもの。これぞ浪速千年の味。これには久しぶりにびっくりした。。

お酒はご主人が毎晩、夜飲んでいるという浦霞をいただく。その後で隣席の常連さんが持ち込んだ青森の豊盃を一緒にどうぞと勧めていただく。

カラスミ大根で日本酒が進みまくる。

揚げ物はクエ。潤や蕾菜などが添えられる。このクエも秀逸。。

食事はご主人自家製の生海苔を使った磯自慢ご飯をいただく。

名物の鯖寿司も一切れ。鯖の締め具合が素晴らしい。これも今までで一番好きな棒寿司かもしれない。

デザートは抹茶アイスと粒餡。ご主人の話も面白く楽しい時間を過ごせました。常連しか来なくて敷居が高い店だけど私は大阪ではもっとも美味しいと思う和食のお店です。

お店のHPはこちら

大阪市中央区東心斎橋1-6-3 ハイツ千年町2F
17:00~21:00
定休日:日曜、祝日
06-6241-0576


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 長堀橋, 和食 |

嬉嬉(きき) 2月

心斎橋の表記の海鮮和食店を訪問。過去に何度か伺っているけど店に看板など表記物がないためにいつも迷ってしまう。南警察署の裏くらいの春吉会館という年季の入ったビルの2階に位置する。

店内は座敷、テーブルが一つずつありカウンターも5席ほどある。メニューはなくて電話予約の時に食べたいものを店主にリクエストするというシステム。過去にはちゃんこ鍋や鱧鍋、松茸鍋、河豚鍋などをいただいた記憶がある。
今回は飲み放題をつけてカニ料理10000円のコースとのこと。

最初に大きな爪がてんこ盛りになったカニ登場。これを炭火で焼いたりニンニクバターで蒸し焼きにしていただくという趣向。

脚の部分の大きな身はしゃぶしゃぶでいただく。出汁は殻や蟹味噌を煮出してとった濃厚なもの。2本くらい食べると大満足。

蟹爪はニンニクバターで蒸し焼きにする。大きいので食べ応え満点。

飾りの野菜やトマトなども入れて美味しくいただく。最後は蟹雑炊でフィニッシュ。。ごちそうさまでした。

過去の記事はこちら

大阪市中央区東心斎橋1−6−22
06-6243-8211


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, , 和食 |

ひろせ 2月

会社の調理師の研修を兼ねて心斎橋の表記のお店を貸切訪問。難波・心斎橋方面の日本料理では一番美味しいと個人的に思うお店。お店はライブ感のあるカウンター6席と小上がりのテーブル2卓をご主人のひろせ氏とバイト君の2人で切り盛り。

ひろせ氏は西心斎橋のミシュラン店「ゆうの」で修行されたご主人の喰い味とけれんのない上質な食材を丁寧に仕事をした料理は同業者間でも定評あり。ソムリエの資格も持っておられるのでワインと肉料理を合わせる客も多いと聞き及ぶ。料理は以前より少し値上がりをして月替わりの16500円(税別)のみ。

今回は予算の関係で無理を言って14000円税別でリクエスト。

座付きは温かい粕汁から。椎茸に詰めた鰯のつみれが入る。柚子の香りと昆布出汁のしっかり効いた料理屋の粕汁仕立て。

続いて揚げ物が供される。白子を裏漉して作った豆腐をフライにしたものと車海老。豆腐の下には海老味噌が敷かれて雪塩が添えられる。天盛りは一寸豆の素揚げ。

刺身は6種盛りと豪華なもの。天然ひらめと巨大な平貝、甲烏賊と北海道産の雲丹、漬けにした氷見産の鰤、河豚皮の煮凝りなどどれもが一級品。。これだけでお酒が進みまくる。

煮物椀は大きな河豚の身を葛叩きにしたもの。下には玉子豆腐と丸大根と菜の花。塩分を抑えた淡味が光る。

続いて旬の真魚鰹。炭火で皮目をしっかり焼き込んだもの。敷かれたカリフラワーのソースが和風でかなり美味しい。

4時間くらい蒸し煮にした徳島産の鮑は新筍とともに供される。トラディショナルな仕事だけどしみじみ美味しいなあと思う逸品。

肉料理はランプ肉を炭火でカリカリに焼き上げ予熱で火入れしたもの。金柑の入った甘い醤油ソースも秀逸。この時期ならではのちぢみほうれん草も食感がとてもいい。

食事は若牛蒡と釜揚げしらすのご飯。お供のくじらのしぐれ煮がかなり美味しい。

デザートはこの時期のスペシャリティの酒粕のプリン。甘平みかんと共に。。

お酒も好みのものを4種類くらいいただき大満足。ごちそうさまでした。。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |