心斎橋/四ツ橋

居酒屋 十兵衛 

ジムの帰りに南船場にある表記の居酒屋・焼き鳥店をランチタイムに訪問。ランチタイムの定食が有名でケンドーコバヤシの「たまらない店」に掲載されたこともある。夜は鶏料理とおでんと串カツを中心とした普通の居酒屋。
店内はカウンター12席とテーブル8席でウッディな感じ。ランチメニューは鶏のもも焼き定食、トンカツ定食、ジャンボチキンカツ定食が750円。ミックスカツ定食が950円の4種類。定食を選んでから主菜にかけるソースは下記よりチョイスする仕組み。

・スタミナソース
・ピリ辛ソース
・スパイシーカレー
・オニオンペッパー
・甘味噌だれ
・ヘルシー野菜
・塩焼き
・塩ダレ
・ねぎソース
・生七味
・山葵醤油
・生姜醤油

これに生卵が1つ無料でご飯と味噌汁はお代わり無料という働くビジネスマン御用達のお店。肉増量のダブルは+200円でソースも2種類チョイスできる。ほとんどの客がダブルを注文している。これならトリプルにしてソース三種類にして食べる客も多い。
私は無難に「もも焼き」とスタミナソースを所望する。

カウンターの中で焼きこまれた鶏ももは5分くらいで提供される。分厚く大きな鶏ももは200gくらいのサイズ。ソースは生姜が効いていて辛いけど玉ねぎの甘みを感じるマヨネーズも入ったジャンキー系のご飯が進むタイプ。とんかつとチキンのと合わせなども出来てガッツリと食べたい時に重宝するお店。

大阪市中央区南船場3-8-1
06-6251-3703


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, やきとり |

みのり精肉店 1月

ジムトレーニングの後でタンパク質の補給のため表記の店を一人で訪問。お店の1階は精肉店になっていて2階と3階がセルフの焼肉とステーキの店になっている。昨年12月上旬の夜にはステーキのコースをいただいた。

ランチタイムはローストビーフをユッケ仕立てにした定食を提供しているんだけど今年から1階の精肉店で好きな和肉の部位を好きな量で購入してそれを焼いて提供いただく新メニューが登場。脂たっぷりのカルビから切り落とし、はらみ肉などいろいろな種類の肉から選ぶことができる。もちろん数種類の肉を組み合わせてもいいとのこと。

赤身肉をリクエストしたら別の冷蔵庫から取り出してくれた。これを今回は150gいただく。

肉の金代プラスご飯とキムチ代が300円とのこと。卓上に塩胡椒や唐辛子などもあるので味変も可能。

伝票と会計はこんな感じ。合計で1832円の会計。なかなかいいアイデアですね・・・

過去のみのり商店はこちら

大阪市中央区南船場2−10−23
06-6244-1129
11:0o~19:oo
日曜定休


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 焼肉 |

ひろせ 12月

心斎橋の畳屋筋にある毎月訪問する表記の日本料理店に友人と伺う。畳屋町の雑居ビルの1階に位置するカウンター6席とテーブル2卓の10坪くらいの小体なお店。西心斎橋の「ゆうの」で修行されたご主人の喰い味重視の丁寧で細やかな仕事は、お酒をいただきながらの食事としては最高のレベルと思う。

日記の読者さんや友人も喜んでいただける和食店。コース料理は月替わりの12000円のみ。しかしながら、よく行く界隈の人気店の18000円くらいの料理に匹敵かそれ以上の内容のものが提供される。

仕入れのこだわりもかなり強くて、旬の素材を中心に客が食べたいものを素材感を活かしながら提供される。特に魚に関しては上質なものがいつも食べることができる個人店ならではの稀有なお店。派手さは無いけど大阪ミナミでは一番美味しいお店と個人的には思う。。

座付は海老芋のすり流しから。焼餅に見えるのは鱈白子豆腐を炙ったもの。。なかなか芸が細かい・・・白子の下にはとろとろの源助大根。。。一気に体が温まる。。

2品目はいつものように趣向を凝らした揚げ物。この日は渡り蟹の春巻き。繊細な蟹の身質と内子の美味しさに感動。揚げ物には麦焼酎のソーダ割りにスダチのスライスを5枚入れてもらっていただく。下に敷かれた海老味噌のソースとの相性も抜群。。

麦焼酎の後は日本酒をいろいろいただく。この日は黒龍の吟醸酒を口切いただく。

刺身は今が旬で漁獲量も少ない高級魚のヒラスズキ。癖もなく独特の旨味と後から感じる甘味はかなり上品。赤貝には粒マスタードが挟まれて供される。大葉を射込んだ細魚。昆布締めにした平目。脂が乗りまくりのキンキと燻製をかけて皮目を炙った鰆の6種類盛り。。これだけでお酒が5合くらい飲める贅沢さ・・・・・仕入れの努力を考えると敬服する。

続いて太刀魚の巻繊汁。豆腐と擂り身でふわふわに仕上げて潮仕立てで供される。最高に贅沢な逸品。

食品、室内の画像のようです

続いて甘鯛の鱗焼きに菊花入りのカブラ餡をかけたもの。器も菊の形。炭火で完璧に火入れされた甘鯛の鱗のパリパリ加減もお見事。。体が温まる献立に感謝。。。

続いて天然クエを中華風に仕立てたもの。骨の周りの身が美味しすぎてしゃぶりつく。。ソースは中華風なんだけどちゃんと和食の仕事になっていることに敬服。土の焼き物もとてもいい。

食事はずわい蟹のほぐし身と味噌がてんこ盛りになった贅沢な蟹ご飯。産地でいただく蟹もいいけどいい腕の料理人が作る蟹料理は最高といつも思う。形が変わっても自然な感じが残るいい味わい。

食品、室内の画像のようです

デセールは自家製のブランマンジェと冨有柿。。

この時期に大丸百貨店でしか売っていない青森産の冬恋というブランドの林檎を持ち込んで最後に出してもらう。。甘いだけでなくしっかりした食感と上品な酸味が嬉しい。。一つ2000円でした。。。

帰りにすぐ近くの「南サンボア」で一休み。。70数年間この地で現オーナーのお父さんの時代から営業されている。静謐な空間の中で和子オーナーと四方山な話をしながら名物の氷の入っていないハイボールを1杯だけ飲んで帰宅する。

ひろせさんは小さいお店なので予約必須。初めての訪問は「ペロペロ」を見たとお伝えください。ワインもあるので肉料理の際はグラスで合わせていただくのをお勧めいたします。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |