天下茶屋

まる米 6月

天下茶屋の表記の人気おでん店を友人と訪問。最近は予約が取れない繁盛店として有名。天下茶屋駅を北に徒歩1分。フルオープンキッチンでコの字型のカウンター15席。丸坊主のご主人は京都の料理店で修行されたので和食店のテイストを感じさせる仕事にいつも敬服する。この日はご主人と男性スタッフさん4人で切り盛り。

大きな角形の鍋には普通の出汁とたまり醤油ベースの2種類のおでんが煮込まれる。おでん以外にもその場で焼き上げる鰹のたたきや鯖きずし鱧ちりなどの刺身や一品もたくさんあって飽きることがない。

ドリンクもビール、ハイボール、オリジナル酎ハイ、日本酒などいろいろなものが取り揃えていてしかも低価格。この日は焼酎と日本酒をいただきながらシェフズテーブル席でご主人と話をしながらおでんをいただく。

提供される商品はほとんど手作りされているのも素晴らしい。最初にレア仕上げの鯖のきずしを所望する。名物必食のポテサラ450円はおでんの「じゃがいも」「玉子」「こんにゃく」を潰して自家製のマヨネーズで和えたもの。まずいわけがない。。

おでんは味がしみしみの大根150円から。出汁は濃いめの甘め。。続いて出汁をしっかり吸った車麩250円。自家製のネギ袋250円を続けていただく。

注文を聞いてからおからを丸めて油で揚げて炊き込むがんもどき300円は思わず唸る美味しさ。パルミジャーノチーズとオリーブオイルと黒胡椒で仕上げるマッシュルーム500円も秀逸。皮付きの徳島産蓮根220円はねっとり食感。飴色に輝く赤身肉たっぷりのスジ肉250円もこの店ならではの逸品。

鳴門の若芽はお椀で供される。手作りの焼売220円も豚肉の食感がとてもいい。真空調理で仕上げるタコの柔らか煮800円は高級和食店の領域。練り物は全て自家製でその都度揚げて仕上げる。香りの鮮烈なゴボ天280円も突き抜けた美味しさ。玉ねぎ天200円、生姜天200円、チーズ天230円もおすすめ。大阪では珍しい松山揚げ200円はジュワッと出汁が染みる。手作りのロールキャベツ330円でフィニッシュ。

おでんにフィットする日本酒もたくさんいただきました。日本酒をおでんの出汁で割る出汁割りもおすすめです。会計は思いっきり飲んで食べて一人5000円でした。

過去のまる米はこちら

大阪市西成区花園南2-7-30
営業時間:12:00~21:00
定休日:水曜日


カテゴリー 天下茶屋, 関東炊 |

越中屋 ジュニア (立鮨 越中屋)

南海線天下茶屋駅のショップ南海の入り口付近にある表記の寿司店を訪問。以前は越中屋東野というお店だったけど今年から西成の越中屋本店のご子息が店を引き継いで切り盛り(そのため店の名前はジュニアと言われる)。東野の店と同様に看板もないんだけど連日予約客で大賑わい。

以前と異なり立ち食いスタイルになったのでお店の定員は11名くらいまで入店できる。清風高校、近畿大学卒業の若きご主人のお人柄もよく、立ち食いなんだけど一人一人の客に向き合って心のある懸命な仕事をされる。こちらのご主人のお父さんのお店(越中屋本店)も今まで来店した全ての客の顔と名前を覚えておられることで有名。

メニューは一貫ずつ価格が記された握り寿司とお酒のあて8種類くらいからなる。初めての方はおすすめ握り5貫1000円がおすすめ。仕入れは木津卸売市場に毎日買い出しに行かれているとのこと。仕入れや寿司のスタイルは越中屋本店とは全く別にされているとのこと。お店はご主人と若い女性スタッフさん2名で切り盛り。

最初にお酒のあてを所望する。旬のホタルイカとホッキ貝の酢味噌800円と焼き空豆500円を注文。それ以外にも鰻蒲焼・白焼各800円、マグロとろ叩き900円、太刀魚と若牛蒡の焼きびたし700円、魚かま塩焼き800円、牡蠣ポン酢600円など。。

握りはゲソと烏賊耳各150円からスタート。好きなものを好きなだけ注文できるスタイルが嬉しい。続いてカワハギの肝乗せ300円。一丁付の小肌200円、脂のよく乗った石鯛250円、ふわふわ食感の煮穴子300円と続く。いくらの黄身醤油掛け400円、好物の車海老400円は2匹分所望する。芽ねぎ150円をいただいてフィニッシュ。

お酒もおすすめのものを5種類いただいて大満足。

店を出て駅前の「やなや」で海老の串カツとビールをいただく。やっぱりエビが好き・・・

前回の記事はこちら

大阪市西成区岸里1-1-9 ショップ南海内
080-3033-2476
営業時間:17:00〜22:00
定休日:月曜日


カテゴリー 天下茶屋, 寿司 |

立鮨 越中屋

南海線天下茶屋駅のショップ南海の入り口付近にある表記の寿司店を訪問。以前は越中屋東野というお店だったけど今年から西成の越中屋本店のご主人のご子息が店を引き継いで切り盛り(私は店の名前をジュニアと呼んでいる)。以前と同様に看板もないんだけど連日予約客で大賑わい。

客層も広く地元客をはじめ南海電車に乗って遠方から訪れる客まで様々。以前と異なり立ち食いスタイルになったのでお店の定員は11名まで入店できる。若きご主人のお人柄もよく、立ち食いなんだけど一人一人の客に向き合って懸命な仕事をされる。

メニューは一貫ずつ価格が記された握り寿司とお酒のあて10種類くらいからなる。初めての方はおすすめ握り5貫1000円がおすすめ。仕入れは木津卸売市場に毎日買い出しに行かれているとのこと。この日も好きなものを片っ端から握っていただく。

最初にビールをいただいて鰻白焼800円と煮だこ700円を所望。うなぎは皮目がパリッと焼かれていてたっぷりのワサビをつけていただく。丁寧に煮込まれた生蛸もかなり美味しい。あしらえの牛蒡ともろみ味噌もお酒によく合う。

寿司の扉は烏賊耳150円から。続いて脂たっぷりの新鮮な生鰯200円、皮目を炙ったカマス200円、鯵200円、とても甘い北海道産雲丹500円、深みのある味わいのいくら黄身醤油あえ300円と続く。

続いて岡山県日生の牡蠣300円はよく肥えていて臭みや苦味も全くない。煮穴子300円、カワハギ肝乗せ300円もコク深い味わい。寿司では珍しいニシン250円は小骨を避けた丁寧な切りつけに敬服。上品な脂が乗っていて秀逸。好物の車海老500円は2貫いただく。

最後に芽ねぎ150円をいただいて終了。退店まで約30分。。高級ネタを手頃な値段でいただけるいいお店です・・・・


カテゴリー 天下茶屋, 寿司 |