ようこそ

外食歴40年。家に帰らず食べ歩く店主が綴るグルメブログ。食べ次第更新中!
店主のぺろぺろ日記は携帯電話とスマートフォンでもご覧いただけます。

松寿司 1月

阿倍野区の北畠にある表記の創業53年の寿司店を2年半ぶりに近くに住む友人と訪問。日本中で約2500件ある(これホント・・・)「松寿司」でトップをひた走る大阪市阿倍野区にある連日満席の人気店。駅からも遠く、国道の裏筋のほとんど人の通らない路地裏に位置するんだけど予約困難店となっている。店内はカウンターと奥に小上がり。たまに店内で在阪芸能人や野球選手を見かけることもある。2代目の店主が若くイケメンで客層も比較的若い方が多い。スタッフさんは全員男性の体育会系。

いつものように旨口の日本酒とともにおまかせで注文する。

食事の扉は温かい小吸い物。走りの「のれそれ(アナゴの稚魚)」が入る。続いてヨコワの刺身だけどマグロが苦手な私には金目鯛をおろしポン酢で提供いただく。続いてお酒の肴にぴったりの鮑の肝和え、脂ののった鯖の焼き霜と続く。

握り寿司の扉は細魚から。鮮度もよく旨味もある透き通った味わい。続いて剣先烏賊、平肝を挟んだカワハギと続く。ご飯は赤酢を使用しているけど角がなくかなりマイルドな味わい。大きなサイズの煮蛤の火入れは完璧。身厚の赤貝は泉州産とのこと。

赤穂の牡蠣が入った小さなサイズの茶碗蒸し。河豚の白子をさっとボイルして漬けにした丼仕立てのもの。ねっとりとした舌触りの鮟肝には沢庵が忍ばされる。どれも日本酒にぴったり合う味わい。

続いては旬真っ盛りの真鯛、仕入れの良さで定評のあるマグロのトロ(私はスキップ)。北海道のバフン雲丹、瀬戸内産の鰆、ヒラメの縁側と続く。

続いてジャストの塩加減と締め具合の小肌、鯵、名物の穴子、車海老、トロ沢庵の巻物(私はスキップ)、玉子で終了。かなりお腹いっぱいになる。以上のコースが18000円で支払いは28000円でした。

過去の松寿司はこちら

大阪市阿倍野区王子町3-13-7
06-6622-5723
11:30〜13:30
17:00〜22:00
月休


カテゴリー 西田辺, 東天下茶屋, 松虫, 寿司 |

四川料理 御馥 中之島ダイビル店

中之島にあるホテルのプールで水泳の特訓をしたあとで友人と中之島ダイビル3Fにある表記の中華料理店を訪問する。ランチタイムは麻婆豆腐が大人気とのこと。隣の本館とともにディナータイムは館内フロアにほぼ人がいない状況でかなり厳しい感じ。ダイビルのレストラン・カフェで使える3割引の金券チケットがお得。

この日は個室で9800円の北京ダックとフカヒレ煮込みのついたコースを所望する。店名はよい香りが漂っている様子を表す「馥郁」から取っていると思われる。平日だったが店内は貸切状態で恐縮する。

お店は千里セルシーにある店が創業店で2号店は丸ビルでこちらは3号店とのこと。現在は3号店のみ営業中。

ファーストドリンクは紹興酒のオリジナルハイボール。薬膳な味わいでとても複雑な感じ。

前菜は砂ずりの炒め、カンパチのカルパッチョ、大海老の(小さいけど)マヨネーズソース、黄色いミニトマト甘酢、チャーシュー、大根と人参の酢漬け、ブロッコリーなど割と普通。

オススメのシャブリワインはかなり酸っぱい・・・・

夕方から雨が降り出してその時間はドシャブリ

このあとで北京ダックのプレゼンテーション。かなり大きなサイズでここから熱い油をかけて皮をパリッとさせて完成させるとのこと。

北京ダックをくだチャイナ・・・・

このあとはしっかりとした味のフカヒレ煮込み。。パリパリに仕上がった北京ダック。手長エビのイチゴマヨソース(初めて食べたけどかなり甘い)。 鶏肉の干鍋ソースはとてもピリ辛。最後に名物の四川麻婆豆腐丼。

今月誕生日だったのでバースデイプレートをいただく、杏仁豆腐と祝意の桃饅頭、名物の胡麻団子の3種盛り。ごちそうさまでした・・・

大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル3F
TEL 06-6225-2988

 


カテゴリー 肥後橋, 中華料理 |

ひっとべ

肥後橋のプールでトレーニングした後に江戸堀1丁目にある表記の焼き鳥店で晩御飯。界隈は飲食有名店が立ち並ぶエリア。大阪メトロ肥後橋駅から徒歩2分の場所に位置する。

縦に長い店内はカウンターと奥にテーブル席。年配の静かなご主人と奥さんで切り盛り。客層含めて大人な感じ。ひっとべという変わった店名は「めそめそ泣いて、悩んでいるより、おもっきり行動(跳んでしまう)したほうがいい、それが成功するか失敗するかは、運がきめてくれる」という意味の鹿児島のわらべ歌の一節にある言葉らしい。

初見なので店主おまかせコース2800円と最近味を覚えた芋焼酎の「伊佐美」をロックで所望する。

コースと別に地鶏もも肉のたたきをいただく。これが思いの外に味が深くて美味しさにびっくり。当然のことながら鶏肉は鹿児島産。

コースの始まりはサラダから。そのあとはレアに火入れて刻んだ大葉を乗せ「ささみ」。脂たっぷりのせせりはしっかり焼き込んで供される。続いてまん丸の「つくね」、あっさりした味わいの「ささみと山芋のそうめん風」(写真撮り忘れ・・・)、プリプリのソリレスとねぎ、砂ずりと続く。

炭焼きの加減も絶妙で何をいただいても美味しい。最後はトマトを肉で巻いたものとズッキーニの串でフィニッシュ。店内はどこもピカピカで掃除が行き届いていて汚れが全くない。ごちそうさまでした・・・・

大阪市西区江戸堀1丁目16-31
06-6449-1881


カテゴリー 肥後橋, やきとり |