住之江公園

グリル樹(じゅ)

大阪メトロ住之江公園駅から徒歩3分の場所にある表記の洋食店を訪問。店の隣にお店専用駐車場2台分あり。弁天町のグリルミヤコのご子息が5年前にオープンしたお店。すぐ隣は卵かけご飯専門店の玉飯。

明るい店内はカウンターが7名席とテーブル席が5卓。ランチメニューは大きくそそり立つように盛り付けるエビフライが名物とのこと。この日は知人オススメのレコメンドメニューの上ビフカツ2200円を所望する。

しばらくして大きなビフカツが着皿。サクサクの衣の中の赤身肉はとても柔らかく肉質も良くてとても食べやすい。シナモンの効いたクラシカルなドミグラスソースもとても美味しい。食後の膨満感もなく一気に完食してしまう。一見普通に見えるけどかなりレベルの高いビフカツでした。味噌汁もとても上質・・・・

大阪市住之江区新北島1丁目5-25
06-6685-2702


カテゴリー 住之江公園, 洋食 |

玉飯

住之江にある表記の店をランチタイムに訪問。近くに用事があり偶然に店の前を通り入店する。すぐ近くにコインパーキングあり。。

店名から分かるように玉子ご飯の専門店とのこと。。少し早めの時間だったのでノーゲスト状態。店内は思いの外に広くてテーブル席、カウンター席が多数。

先に注文を決めてから先払いのシステム。玉子かけご飯をメインに味噌汁付きが500円、肉吸い付きが700円で冷やしぶっかけそうめんや煮麺のセットもあり。これらのセットにオプションでご飯の大盛りや特盛りなども選ぶことができる。

続いてサイドメニューを選ぶ。おでん、唐揚げ、サラダ、キムチなど好きなものを選んで追加できるシステム。おでんがとてもいい色をしていたので大根とこんにゃくを所望する。どれも1つ100円とのこと。初見なのでおでん一つサービスしてくれたのは嬉しい。

最後に好みの玉子を選んで会計となる。

3種の卵は岡山県の金鵄赤彩卵、吉備の平飼い球、京都府の寿恵卵のブランド卵など。
この日はお店の方のオススメの濃厚な味わいの金鵄の赤彩卵をチョイス。

ご飯は奈良県産「ひのひかり」を使用、醤油は讃岐琴平「京兼醸造」という会社で注文する出汁醤油と甘みのある節系の醤油の2種類。

出汁感がしっかりした肉吸いは量もたっぷりあってとても丁寧に作られている。卵かけご飯はセルフで作る。テーブル上に色々な道具が揃えられていて黄身を取り出す「セパレーター」、滑らかにかき混ぜることのできる「玉子の滑らかスティック」、「白味の泡立て器」などを使って好みの卵かけご飯を作ることができる。

私はセパレーターを使って黄身を取り出してから白身を泡立て器を使ってメレンゲ状にしてみる。道具が小さいので約7分くらい懸命にかき混ぜてカドが立つくらいの状態まで空気を入れてみる。それをご飯に敷き詰めて黄身をのせて醤油をかけていただく。ふわふわ食感で生臭さもなく、ビジュアルも美しくて我ながらよく出来たと自画自賛。

私の周りの外国人の友人は卵かけご飯はかなり苦手でズルッとした食感と衛生面が気になるとよく言っていた記憶がある。私も実は20年ぶりくらいの卵かけご飯で久しぶりに美味しくいただきました。朝早くから営業しているので朝ごはんにもオススメです。

大阪市住之江区新北島1丁目5-25
月曜定休
7:00~14:00


カテゴリー 大阪市, 住之江公園, その他 |

MICRAD(ミクラド)10月

住之江区にある表記のヘビーユースするレストランを久しぶりに訪問。大阪メトロ北加賀屋駅・住之江公園駅、南海本線住吉大社駅から徒歩10分という辺鄙な場所に位置する小体なレストラン。カフェのような白を基調としたお店はカウンター5席とテーブル2卓。バーの居抜き物件をリノベーションしたので店内は細くて縦に長い。

カウンター内の小さな厨房で調理歴16年の童顔オーナーシェフのミクさんが驚くくらいの手際の良さと綺麗な仕事でこだわりのある高品質のアラカルトメニューを作り出す。ジャンルはイタリアンとフレンチと最近ブームの中東料理を合わせたフュージョンスタイル。

お店で使用される野菜は契約農家さんから直送、あか牛を中心とした肉類は粉浜商店街の老舗精肉店「うしや」から上質なものだけを仕入れる。そのほかの調味料もほとんどが手作りかオーガニックのものを使用。お酒は地元のこだわりリカー「ばんどう酒店」から低価格で個性的なワインをセレクションしてもらっている。ランチメニューは様々な前菜の入ったヘルシー系のデリプレート1000円か、肉か魚のメインディッシュが入ったプレート1000円〜、本日のパスタセット900円、本日のサンドウイッチなどからなる。

メニューはアラカルトが中心でグランドメニューと壁に手書きで書かれたシーズナルメニューから構成される。何を食べても食材の良さを含めてワンランク上の美味しさ。この日は自社の女子社員との会食だったので5000円でコース仕立てにしていただく。

タラ白子のムニエル下にはジャガイモのピュレが敷かれる。天盛りは直送のカリフラワーのスライス。。

赤・紫・白の大根を使ったポタージュ。塩味を控えたシンプルであっさりした味わい。。

フランスの辛口ロゼワインとともに北海道産粒貝のバターソテー。かなり新鮮で貝好きの私はとても嬉しい。肝の味も深くてワインにバッチリ。

続いてジャガイモのニョッキ。当然全てが手作りでチーズたっぷりのクリームソースの美味しさが秀逸。見た目よりかなりあっさりといただける。ソースは自家製のフォカッチャにつけて綺麗にいただく。普段はパスタも数種類あってどれもとても美味しい。

ここでカベルネ赤ワインに切り替え。

熊本産あか牛のステーキ。数種類のベリーとそのソースでいただく。赤身肉で部位はランプと言っていた。

羽曳野産の6種類のイチジクの盛り合わせ。下にはヨーグルトムース。

追加注文でバスクチーズケーキを所望する。全ての料理にしっかりと手がかかっていてワンランク上の美味しさがある。コースメニューは前日までに予約が必要。界隈に多数のコインパーキングあり。

過去のミクラドはこちら

大阪市住之江区中加賀屋4-2-3
日曜休み
090-3736-0286


カテゴリー 北加賀屋, 住之江公園, 住吉大社, レストラン |