谷町四丁目

食生々(しょくせいせい)

谷町4丁目に昨年開業した表記の中華料理店を友人と訪問。堺筋本町駅から徒歩10分くらい、松屋町筋のマイドーム大阪の向かいくらいの場所に位置する。新しいお店だけど開店して1週間でランチタイムは大行列。ディナータイムも予約なしでは入店できないくらいの人気店。多くの友人から勧めてもらっていてBMしていて、やっと伺うことができた。西区新町にある人気中国料理店の空心出身の店主さんとその奥様が厨房に入り、サービス担当の女性スタッフさんと3人で切り盛り。

こじんまりとした店内は1階は小さいテーブル席が2つほどとカウンター席4つと厨房で2階はテーブル席となっている。1階のテーブル席に案内いただき先ずは青島ビールで乾杯する。メニューはすべてアラカルトで前菜、一品料理、点心、麺・飯、甜品からオススメを聞きながら注文する。

前菜盛り合わせから最初の一皿は「甘海老の紹興酒漬け」を所望。トロトロの身は紹興酒でより甘さが引き立ち、天盛りにされたライムシャーベットの酸味がキリッと味を引き締める。下に敷かれた紹興酒に漬けた紅芯大根も口直しにとてもいい。

続いて「牛肉のサクサク揚げ」は薄くスライスした麻辣風味の牛肉の旨味がしっかり感じることができる、商品名通りサクサクの食感。
牛肉の下には塩漬けにした白菜のミント風味と辛子の和え物が敷かれる。

3品目は味をつけた旬の秋刀魚を大豆とネギと一緒に北京ダックを包む皮で巻いたもの。派手さはないけど丁寧な仕事で秋刀魚がちゃんと中華料理になっていることにびっくり。

点心師の奥さん担当の「大根もち1200円」は大きなサイズで表面はカリカリで中はトロトロ。。青味の上にはおろしたカラスミがかかる。餅の中に入る干しエビの味とトマトオイルの風味がとてもよく合う。甕出しの紹興酒との相性がとてもいい。

続いて「えび蒸し餃子 麻辣醤ソース添え580円」は透明の皮の中にプリプリの海老が入り酢醤油ではなく麻辣醤とパクチーでいただく。

奥さんオススメの「麻辣焼売680円」は四川花椒、唐辛子、中華大豆味噌の鮮烈な香り、刺激的な辛み、豊かなコクがなんとも言えない。これだけを10ケくらいいただきたいと思った。

新作の「車海老の四川炒め1980円」オマール海老の醤油蒸しもあったけどこちらを所望する。海老は皮ごといただける。かなり複雑な深い味で数種類の辛さと酸味と甘みが何層にも重ねられた感じでこのソースだけ白ご飯にのせていただきたいと思った。

「アコウの蒸し物葱醤油掛け2800円」も看板商品の一つとのこと。魚体はかなり大きくて顔の近くの一番美味しい部分を出していただいた。素材を活かした澄んだ味付けで、脂のあるふわふわの身はかなり美味しい。この高級魚は和食で刺身や酒蒸し等でよくいただくけどこの調理法に勝るものはないといつも思う。

「子羊の香辛料掛け3100円」低温調理したロース肉を衝撃的に柔らかくてパサつきも全くなく適度な脂分がしっかり感じられる仕上がり。鉄分を全く感じない癖のない味わい。真っ赤なクミンを中心にしたスパイスも辛すぎず食がすすみまくる。添えられたレモングラスのエスニックな香りもご馳走の一つ。

最後は干し貝柱と天然クレソンの焼きそば1650円。シンプルな塩味で干し貝柱の旨味がしっかりと麺に絡んでとても美味しい。帰りは満席なのにシェフと奥さんが外までお見送り。心が温かくなる料理とおもてなしに大感激で帰路につく。

帰りに上町にある潜水艦バーに久しぶりに立ち寄り小休止。この店に通い出してはや25年となる。店主の姿が全く変わっていないことに驚きながら、時の流れる速さを今更ながら実感する。

大阪市中央区大手通2-3-3
06-6941-4500


カテゴリー 谷町四丁目, 中華料理 |

ONOHOUE (オノウエ)

表記のフレンチに友人と一緒に訪問。西天満の「ユニッソン・デ・クール」の阪本シェフが一昨年の年末に移転オープンしたレストラン。リヨンの豪邸のレストランのような(行った事はないけど・・・)感じの内装。谷町4丁目のから徒歩8分くらい。

お店は住宅街のマンションの地下に位置して階段を下ると吹き抜けの下に庭が作られているのにびっくり。枯山水をフレンチにした感じ。。

天井の高いシンプルな内装は音楽もなく静寂に包まれながら人の家にお呼ばれしたような空気感に包まれる。

グラスシャンパンとともにいただくアヴァンアミューズは挽肉の入ったパイと小さなチーズのコロッケ。

続いてアミューズグールが数品続く。赤カブと白かぶを酸味のあるソースで和えたもの。

ユニッソンの頃によくいただいた記憶のあるセロリのジュレ。ビジュアルも美しくて爽やかなセロリの香りと生クリームの相性がとてもいい。

赤穂産の牡蠣を潰してスープにしたもの。機械を一切使用せず手で濾して作ると言っていた。ユニッソンの時と比べるとビジュアルも内容もシンプルにかつクラッシックな料理になっているのにびっくり。

軽く火を通して酢で洗った牡蠣。驚くほど美味しかった・・・・手をかけてより自然な味に仕上げられている。

お酒はソムリエさんに料理にあったものをペアリングしていただく。

鯖のサンド。鯖の脂のりもさながらバルサミコを使用した甘めのソースがとてもいい。

フォアグラのキュイとクイニーアマンの取り合わせ。添えられた蜂蜜がいい仕事をする。旨味が凝縮されたフォワグラの甘みをク砂糖漬けのイニーアマンが引き出すのにびっくり。フルーツやジャムを添えるのはよく見るのだが・・・

フォワグラには甘い白ワインを合わせていただく。

ホクホクに仕上げられたユリ根のグラタン。ソースも秀逸。普通の料理が普通より美味しいことに感激。

デ・クールのシェフである阪本充治シェフが送る、よりクラシカルなフランス料理。温かみが根底に流れながら、繊細でいて上品、そして何よりフランス料理ではとても大事なソースが、とても美味しかったのが印象的でした

ブルゴーニュの古城をイメージしたという言葉のとおり、店内の内装も素敵ですし可愛らしい中庭を見ながらしっとり落ち着いた雰囲気を味わえます。
ユニッソンデクールの坂本シェフの進展ということで、楽しみにして伺いました。

ポワゾンは脂がしっかりと乗ったのどぐろ。。フィッシュナイフが不要なぐらい身がやわやわのふわふわ。バチが当たりそうなくらいの美味しさなり・・・ソースもあっさりしていてノドグロの旨みを邪魔しない。

アントレは仔牛のソテー。フライパン一つで完璧な火入れをされていると聞き及ぶ。柔らかいだけでなくとても地味深い主菜である。この料理にはブルゴーニュのピノ・ノワールを合わせる。

金柑のシャーベットで口直しをして

大好物のタルトタタンが登場。これぞタルトタタンといったルックスと美味しさ。紅玉がそろそろ終了するので食べたねと会話をしていたら出て来たのにびっくり。

最後はキャラメルのマカロンとクイニーアマン。何をいただいても上質で大阪を代表するフレンチの一つと確信。。価格も内容と合ったもので良心的だと個人的には思う。

大阪市中央区糸屋町1-1-6 B1
電話:06-6910-7123


カテゴリー 谷町四丁目, フレンチ |

まんねんカレー

谷町4丁目を西に進んだカレー屋が集積する一帯にある標記の店を訪問。メインはトンコツカレーでスープをルーで割っているとの事。

こちらのお店、カレーだけではなくカレーつけ麺の2枚看板。カウンターのみの小さな店だけど明るい雰囲気。テーブル席とあわせて20席くらい。

メニューは以下のとおり
■ CURRY
:まんねんとんこつカレー(とろ肉入り) ¥850
:ほうれんそうカレー ¥850
:プレーンカレー ¥700
:大盛(ルー付き) ¥150
■ つけ麵
:カレーつけ麵 ¥850
:中盛(300g) +¥50
:大盛(400g) +¥100
:ライス ¥100・大¥150
■ トッピング
:とろ肉 ¥200
:ほうれん草 ¥200
:チーズ ¥150
:玉子 ¥50

この日はデフォルトのまんねんとんこつカレーを所望する。

とんこつスープがベースなカレーだけど思ったよりもしつこさは無く見た目よりマイルドであっさりしている。スパイス感やコクはあまりない。甘味も塩加減も控えめ。

そしてトッピングの別に煮込まれた大きなとろ肉はスプーンですくうとホロホロと溶け出す。味付けはしっかりめ。多分豚バラ軟骨部分であろうか。

飴色の揚げた玉ねぎも良いアクセント。。ルーにかかる黒いソースは多分マー油。

付け合わせのピンクの玉ねぎスライスのピクルスは口直しにちょうどいい。カロリーはかなり高いと思う。若い人にはいいと思う・・・

大阪市中央区徳井町2-4-3
06-6948-5651
11:30~15:00 17:30~23:00
定休:日曜・祝日


カテゴリー 谷町四丁目, カレーライス |