動物園前

Lee

ある方に紹介いただき最近、新世界に開店された表記のハイブリッド系のフレンチ店を訪問する。多分ネット記事ではこの日記が初めてのものと思う。住所や連絡先は不明でお店のファザードは看板も何もない。通天閣から徒歩1分なんだけど絶対にその場所がフレンチ店とはわからない。。

お店はカウンター10席のかなりモダンなシュッとした空間。料理もサービスも全てシェフのワンオペ。店名は若きイケメンシェフの名前から。心斎橋の名店などで修行し、関東で出張フレンチ料理人として活躍後にこちらの店を開店する。

料理はワンコースで10000円。5000円でワインペアリングの新世界価格。

最初にシャンパンをグラスでいただいてアミューズ一皿目が登場。新鮮な鰯をペーストにしてタルトの上に乗せたもの。小さなガラスの猪口にはオリーブオイルの浮かぶ昆布とあさりの熱いスープが入る。タルトをいただいてからスープを味わうと言う趣向。

軽めの白ワインとともにアミューズ2品目。黒い石が詰まった箱の中にはフォワグラをキャラメリゼしたものとキャビアを最中仕立てにしたもの。箱の上には木の葉の形のガレットにキャビアとサワークリームを乗せたもの、鴨もも肉を使ったリエットにピスタチオを混ぜ込んだもの、フォワグラの入った濃厚なミニタルトなど。どれもしっかりと手間がかかってるものばかりで一口でいただくのが勿体無い。

前菜一品目は舞茸が入った滑らかな鶏のムース。黒豆のパウダーとハーブオイルがかかる。全ての食材とソースの調和がとても良い。

前菜2品目はハナビラ茸を入れたリゾット。奥の調理場で火入れをして最終的な盛り付けは客の前で行われる。料理を作りつつ、ドリンクサービスをしながら楽しく客との会話もできるスーパーシェフに脱帽。リゾットの上には北海道産の雲丹とトリュフがてんこ盛りにされる。リゾットの底にはほうれん草と海苔を合わせたピューレが敷かれていて全てを混ぜ込んでいただくと口の中で味わいの層が幾重にも広がる。

この後の温菜に使う鹿児島産のうちひら肉のプレゼンテーション。。

この赤身肉をさっとバーナーで炙ってから、源助大根とともにポトフ仕立てにする。肉の上からホワイトマッシュルームとエシャロットの香りの熱いスープをかけて仕上げる。酸味のあるパンも自家製とのこと。

かなりのイケメンで仕事をする手元もかなり美しい。ワンオペでできる最大の可能性の仕事をされていると思われる。

続いてのフランス風の茶碗蒸し(ロワイヤル)は鶏出汁のフォンブランを使用。オリーブオイルとマイクロセルフィーユで仕上げる。あっさりとした口当たりはまさにフレンチの味わい。

ワインペアリングは7種類で5000円。。高価なものはないけどどれも話題性のある上質なものばかり。10人で2本ずつを分け合う。。かなりお得です。

メインはホルスタインの赤身肉を使ったローストビーフ。付け合わせは糖度の高い京都産の里芋を揚げたもの。牛骨で取ったソースと貝スープの泡を合わせる。。嫌ではない噛みごたえと赤身の味が良い。

食事は牛肉とエシャロット等の入ったフレンチ風の釜炊きご飯。。。

デセールは白ワインを使った自家製バニラアイスとフィナンシェのようなケーキでフィニッシュ。。最後はシェフ自ら外まで見送りもされて頭が下がる思いでした。近いうちに予約が取れない店になると予想されます。

訪問希望の読者様は紹介させていただきますので下記メールアドレスまで連絡ください。→ shatyo@nori-net.jp

 


カテゴリー 恵美須町, 動物園前, フレンチ |

すし寛 8月

友人と西成の表記の寿司店を半年ぶりに訪問。西成では有名な創業65年を迎える高級大衆寿司店。飛田商店街の真ん中あたりに位置する。最近は中国人女性の「居酒屋」と偽った違法カラオケガールズバーが無数に立ち並ぶ賑やかな地域となっている。最近はぼったくりの店も多く客のドリンクは500円だけど女性のドリンクは2500円とメニューの裏に小さく表記していて最後に会計びっくりのトラブルもよく聞きおよぶ。

この家族経営の寿司店は動物園前駅2番出口から飛田商店街に入って徒歩5分。最近は16時からの営業で終業までずっと満席が続く。この地で創業60年を超える超繁盛店。お店はL字型のカウンター席と小上がり席が2つ。目の前の生け簀には大きな鱧や夏の高級魚のアコウ、鮑、クエなどが泳ぐ。

カウンター内では3代目のご主人とシニアの職人さんが2名で料理を作りまくる。ご主人の包丁さばきと仕事の早さにはいつも感心する。大きな声でキビキビ動きまくる小柄の女将さんの接客も昔からとても良い。

寿司店に行く途中で見かけるパンチのある啓蒙看板。。

渋すぎる意見広告・・・・

看板の前のスーパー玉出の入り口前ではおっさん6人くらいが地べたで車座になって酒盛りをされていた。日本は平和だなと感じる風景なり。

純米酒の「真澄」とともに酒肴色々。活鰯の酢の物はさっぱりしながらも脂のりもいい。鱧は焼き霜にして梅肉醤油で。定番のトコブシ、旬の赤雲丹、剣先烏賊のお造りなど。

お酒をたくさんいただいたので寿司は軽いめで。好物の貝柱はレモン塩で、肉厚の海老、コリコリ食感の剣先イカの耳、鰹節を射込んだ数の子でフィニッシュ。

今回もお腹いっぱいで大満足・・・会計は日本酒を2人で一升くらいいただいたのに一人6000円。。「安すぎるんと違う?」とおかみさんに聞くと「うちはすし寛ですから!」といつもの答え・・・毎回敬服いたします。。。

お店は予約ができないので16時開店の15分前に店に並ぶと入店できます。

食後はお店から徒歩40秒のオーエス劇場で大衆演劇鑑賞。途中からの入場なので800円でした。追っかけらしき中年のご婦人たちが5万〜10万円ずつくらい役者さんに渡している姿を見て驚きまくる。

過去のすし寛はこちら

大阪市西成区太子1-15-2
06-6641-6654
16:30〜24:00
月休


カテゴリー 動物園前, 今船 |

焼肉一斗 本店

2日間連続の焼肉晩御飯で西成の表記の店を訪問。阪堺電車の今船駅から東に2分のロータリー跡に店は位置する。最近あちこちによくある厚みのある肉に包丁目をしっかり入れる板前焼肉の源流で関西焼肉の雄と言われる名店。店のファザードは誰が考えたかわからない豚と牛の奇妙なイラストが描かれた看板テントが目を引きまくる。

現在は直営店だけでも京橋や心斎橋等に店がある。店に隣接する精肉店はどれも上質且つコスパが抜群で、ここ数年の中元や歳暮で精肉を人に差し上げる場合はこちらでお世話になっている。

わかりにくい入り口を探して店内に入ると冷蔵庫に入る色々な肉の塊がお出迎え。普段は店長のいるカウンターに座るんだけどこの日は3人での訪問のため座敷に案内いただく。

まずは麦焼酎とナムルを所望する。このナムルも清潔感があってとても美味しい。配膳のスタッフさんはほとんどがベトナム人なんだけど目配り気配りが抜群でとても気がきくサービスをされる。いつもその日のオススメがあってスタッフさんと相談しながらアラカルトで注文。

焼肉の前に自家製のロースハムを所望する。このハムが軽くてドレッシングの味わい含め美味しくて前菜にピッタリ。。

この日は最優秀賞を受賞した鹿児島の野崎牛を勧められたのでモモステーキ5280円(200g)を所望する。。モモ肉なんだけど適度な脂もあって厚切りならではの味わい含めかなり美味しい。。

続いて脂たっぷりの和牛ハラミ。。こちらの店のもみダレの美味しさも秀逸。。

ぶ厚くカットされたツラミと包丁がしっかり入って驚くくらい柔らかい上ミノをタレでいただく。ホルモンもかなりいいルートを持っておられ、新鮮且つ下処理が丁寧なので何をいただいても美味しい。この後は細かくカットされたタン先をいただく。

最後はトックスープに脂かすをトッピングしてもらう。。年齢を重ねて若い時のように沢山食べることはできないけどあらゆる世代の客に愛されている大阪を代表する焼肉店であることは間違いないと改めて確信。。この日は社長は不在だったけどいつも会った時は丁寧に挨拶いただくのと支払いが高くなかったかを心配して聞かれる姿勢に敬服する。。彼曰くは「うちの店は大阪で一番いい肉を提供しながら利益率(儲け)が低い店と自信を持って言える」とのこと。支払い会計は昨日に訪問したお店の半額でした・・・

ごちそうさまでした。。

過去の一斗はこちら

大阪市西成区天下茶屋東1-23-18
06-6659-8618
17:00〜24:00
月休み

 


カテゴリー 動物園前, 焼肉 |