本町

民生炒飯 大阪店

本町のビジネス街にある表記の店を訪問。お昼は炒飯専門店で夜は台湾鍋などの台湾料理を個室でいただけるお店で2023年9月にオープンされたとのこと。東京にもお店はあって台湾のチャーハンランキング1位を取った事もあるらしい

お店の間口は狭いけど螺旋階段を降りると広い客席が現れる。壁には今時のアートが描かれる。炒飯は具材の違いで11種類。価格は1100円からでビジネス街では強気の値付け。今回はパイナップル炒飯1300円を所望する。

しばらくして着皿。炒飯は小さな角切りハムがたくさん入る。薄味で少しピリ辛の味付け。台湾に行った時にこんな感じの炒飯食べたような記憶がある。テーブルにはザーサイと辛味噌が備えられている。炒飯自体は少し水分の残る仕上がり。特別どおってことはなかった・・・

大阪市中央区備後町3丁目3-1


カテゴリー 本町, 中華料理 |

ラカンティネッタ 2月

靱公園の南側にある表記のイタリアンを訪問。この辺りはイタリアン激戦区だけど昨年初めて友人と相伴してからお気に入りの店となる。大阪メトロ四つ橋線本町駅から北西に徒歩5分の場所に位置する。縦に長い店内はカウンター9席とテーブルが一つ。トスカーナ出身のオーナーシェフのルカ・サンバーリが作るトスカーナの郷土料理をいただくことができる稀有なお店。

コース料理もあるけどルカさんと話をしながらいろんなアラカルトから選ぶのが楽しい。この日も3種の白のグラスワインと共にルカさんと選んだ料理をいただく。

まずは前菜盛り合わせ1400円。ビジュアルもかなり美しい。ミニトマトとイチゴを合わせてさっぱりと調味したジュース。ジンジャーオムレツはとても濃厚。アスパラガスの和牛巻き。ケークサレは今までいただいた中で一番美味しい。粉を混ぜて焼くだけと謙遜してましたが・・・・椎茸に和牛ミンチの入ったマッシュポテトを詰めて焼いたもの。クリームチーズとサーモンの入ったパイ。自家製ピクルスなど。。

続いてのパスタはイカのトスカーナ風を所望。小松菜やグリーンピースなどを使ってとろみのあるトスカーナの独特のソースで仕上げる。これが絶品だった・・・・

ポルチーニと鶏肉のリゾットは注文してから30分かかる。気高い香りにうっとりする。米は福井産を使用。界隈でよくある芯の残った固いだけの仕上がりになっていない。米一粒ずつの胚乳にソースが染み込んでかなり深い印象に残る味わい。

主菜は以前もいただいた自家製のサルシッチャとスペアリブの炭焼きを所望する。無駄な脂は全て落ちていて旨みが炸裂する。選んでいただいたイタリアのグラスワインもかなり上質でコク深い。

最後はルカさん特製のプリン。これ以上濃厚なものはないというくらい凝縮した味。今回も最後までしっかりと楽しめて大満足。次回はトスカーナ風ミネストローネとミラノ風カツレツとトリッパをいただきに行く予定。

過去のカンティネッタはこちら

大阪市西区靱本町1-16-5
0671744247


カテゴリー 本町, イタリアン |

とんかつ 康四郎

南船場にある表記のとんかつ店をランチタイムに訪問。大阪メトロ長堀橋駅・心斎橋駅・本町から徒歩5分くらい。農林会館のビルの向かい側に位置する。近くにコインパーキングたくさんあり。

大阪の人気豚料理店の「たゆたゆグループ」が開業20年目の節目として社長自らが腕を振るうお店。1階にはガラス張りの焼きトンの仕込みを行うキッチンでその2階がお店。店内は厨房を囲むL字型のカウンター12席のみで豚肉のカットや揚げる作業なども見えてライブ感満点。カウンターの真ん中で目気張り気配りをしながら川端社長がニコニコしながら料理を作られている。

今回は12時15分一斉スタートの席で3銘柄食べ比べセットプレミアム4900円を所望する。夜は7800円のコースのみ。プレミアムコースは肉の銘柄がアップするとのこと。

最初はYLB豚のヘレ部分。三元豚の高級版とのこと。元になる種豚の品種の頭文字をつけているとのこと。衣に色がつかない低温で揚げてからパン粉で衣の油を吸わせながら時間をかけて余熱で火入れ。塩胡椒でいただくとかなりあっさりといただけた。ありがちな癖や豚臭さは一切感じない。隣の客がシンガポールからのインバウンドだったのでカタコトの英語と中国語で説明すると喜んでいた。

続いて金華豚のロースが提供される。こちらも揚げてから5分くらい保温しながら余熱で火入れ。脂身が甘くて赤身部分は塩胡椒とソースでいただいて脂部分は辛子醤油でいただくことを薦めていただく。とんかつと一緒に羽釜で炊いたおいしいご飯をワシワシとかき込む。赤出汁豚汁、千切りキャベツもワンランク上の美味しさ。

最後は天城黒豚で酪農農家がかなりマニアックとのこと。仕入れ値も高く歩留まりも悪い豚だけどこの店で最も美味しい種類と言っておられた。大きな口で頬張ると融点の低い甘い脂身が一瞬で溶けて塩胡椒も不要なくらいの美味しさ。この店でとんかつ食べたら他の店には行けないな・・・

前回の康四朗はこちら

大阪市中央区南船場2-10-24 2F
11:00-14:30、18:00(一斉スタート)


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 本町, とんかつ |