その他料理

Am Bolvzo(アンボルゾー)

谷町9丁目にある表記のメキシカンを友人と訪問。一見カフェのような外観で店内はカウンター席と大きなテーブルを囲むアットホーム感じとなっている。店内の棚はテキーラ・メスカルの瓶で埋まっている。外国人率も高くてとてもインターナショナルな雰囲気。オーナー店主と女性の2人で切り盛り。

メキシコのお酒もたくさんあって今回はフローズンマルゲリータを所望。かなり現地に近いような設えとメニューになっている。メキシコのお酒を使ったカクテルも多種。

巨大なマルガリータが供される。これからの暑気払いにピッタリ。。

メニューはエンチラーダやブリトー、ファフィータ、トスターダスなどの伝統的なメキシコ料理からメキシカンステーキやスパイシーチキンなどの主菜、ジャンバラヤなどのご飯、デザートまで様々なものが揃う。

最初にアメリカ南部発祥のチリコンカルネ900円とワカモレ800円を所望。

チリコンカルネはトマトと豆、肉の旨味が溶け込んだピリ辛煮込みをチップにつけていただくもの。辛さ別にハラペーニョソースがテーブルに並んでいてそれぞれを比較しながら楽しむ。ワカモレも角切りの玉ねぎがいいアクセントとなっている。

タコスはコーンのソフトタイプをチョイス。中の具もチキンとビーフ、ポークが選べる。チキンがかなり柔らかくてトルテイーヤとの一体感がとてもいい。どれも丁寧に作られていて界隈のタコスよりもワンランク上の美味しさ。サルサもあっさりしていてとても食べやすい。

日本未輸入の珍しいテキーラもあったので美味しくいただきました。いろいろな使い方ができる良いお店です。スタッフの皆さんも優しくて気持ちよく店を出ました。

大阪市中央区東平2-2-7
06-6765-4711
18:00~24:00


カテゴリー 谷町九丁目/上本町, その他料理 |

大阪北浜あなごや

北浜にある表記の伝助穴子料理専門店を友人と訪問。地下鉄堺筋線の北浜駅4番出口から徒歩5分、ビジネス街のど真ん中に位置する。

間口の狭いカウンター7席のみのお店でゆったりと伝助穴子料理と日本酒を楽しむ。穴子料理以外のアラカルト料理もたくさんあるけど今回は初めてなのでコースでお願いをする。伝助穴子はよくいただくけど専門店は見たことがない。

コースは6600円、7700円、8800円の3種類。料金の差は品数の差。今回は7700円のコースを所望する。ランチタイムは穴子の天丼が大人気らしい。

最初に蓋ものが登場。汲み上げ湯葉に焼いた穴子が鎮座。その上に銀餡がかかる。山葵と梅肉がいいアクセント。これをいただいただけでカウンターパンチのノックアウト状態で料理の技量の高さが伺える。

穴子の刺身3種。薄造りは芽ねぎと自家製生海苔を添えていただく。あっさりしているんだけど脂がしっかり乗っていて旨みが口の中で爆発する。皮目を焼いていくらを乗せたもの、骨切りをしてぶつ切りにしたものなどを醤油とポン酢でいただく趣向。この美味しさは最近体験したことがないレベル。

この日使用される伝助穴子のプレゼンテーション。この日は対馬産とのこと。

あなご酒は干した穴子の頭をこんがりと焼き込んで熱燗を注ぐ。エキス炸裂で生臭さ等は一切ない。次酒もいただいて最後は頭の肉をいただいて終了。これも初めていただいた・・・・

穴子の白焼き、タレ焼きは炭火で目の前で焼いていただける。これだけでお酒が2合くらいいただけた。これは絶品・・・・

石焼スタイルの白焼の上に酒盗(鰹の内臓の塩漬け)を乗せたもの。さらにお酒が進みまくる。。

「あ巻き玉子」は穴子巻きの意味でこちらのご主人が名付けられた。
卵も穴子もふわっふわ。持ち帰りのリクエストも多いと聞き及ぶ。

天ぷらは穴子、骨せんべい、ベビーコーン、レンコンなど。
穴子の脂のせいでふわふわ食感。まさに食材の勝利・・・

一人鍋で穴子のしゃぶしゃぶ。これを食べると鱧しゃぶはもういいかなって感じななる。添えられた冬瓜やささがき牛蒡、小芋もいい仕事をする。出汁の塩梅も完璧。

食事は煮穴子を使った寿司でフィニッシュ。最後まで一切手抜きなし。「穴子はどうしてここまで美味しくなるんだろう」と思う料理でした。

最後は薄茶とフルーツ。

お酒もたっぷりいただきました。好みの純米酒もたくさんあって目から鱗のお気に入りの店にランクイン。一人1万円でお釣りあり。ごちそうさまでした。

大阪市中央区平野町1-8-5
050-5570-6343
営業時間 12:00-14:00、18:00-22:00
定休日 日曜、祝日


カテゴリー 北浜, 和食, その他料理 |

どら焼き 文

空堀商店街にある表記のどら焼き専門店を訪問。谷町6丁目、松屋町駅から徒歩6分くらい商店街の真ん中くらいに位置する。間口の狭いテイクアウト専門のお店で若い女性のパティシエが一人で切り盛り。駐車場は近くのコインパーキングあり。

どら焼きは季節によって数種類。この日は「つぶあん」「いちじくとナッツのクリームチーズ」「金柑と抹茶」「いちご」「さつまいも」「ラムレーズン」など。どれも小ぶりで直径8センチくらい。紙に包んで供される。この日は「つぶあん 160円」を所望して車の中でいただく。

一口いただくと予想外のねっとりもちもち食感にびっくり。生地に餅粉が入っていると推察される。甘さを抑えたあんこ(粒あん)の量も控えめでとても食べやすい。京都の阿闍梨餅のような感じかな。ごちそうさまでした。

大阪市中央区谷町6-14-16
11時〜17時
月曜定休


カテゴリー 谷町六丁目, その他料理, カフェ |