天王寺/阿倍野

たか松

友人から誘っていただいて天王寺の茶臼山にある表記の肉割烹店を訪問。最近インスタグラムでもよく見る大人気の予約困難店。天王寺駅から谷町筋沿いを北に一心寺の方向に10分ほど歩いたところに位置する。小さなビルの階段を降りると地下に落ち着いた雰囲気のこじんまりとした空間が現れる。お店はL字型のカウンター10席のみでコース料理は6500円。この日は18時スタートの一斉スタートの席で4人でいただく。。

最初にこの日使用する食材のプレゼンテーションから。木箱の中に色々な部位の肉が取り揃えられている。目の前に鉄板が置かれていて店主のアドバイスに沿って自分で焼いていただく設えになっている。

ビールで乾杯して最初の前菜は歯応えもいい牛アキレス腱をポン酢で和えたもの、牛すじを使ったコクのあるテリーヌ、荒くカットした赤身肉を使ったユッケにウズラ卵とおろしたチーズとトリュフオイルを添えたものがガラスの器で供される。

続いてメインの焼肉が続く。切り立ての肉を一部位2切れずついただける。最初に薄くスライスしたツラミはネギに巻いていただく。続いて昆布で3日間締めたクリという肩から前足の部分の赤身肉。脂たっぷりのミスジは3回さっと炙るだけが美味しいと目の前でアドバイス。笹ミスジの西京漬(写真なし)と続く。どれも漬けタレなどはなく全て下味がつけられて供される。焼き加減はどれもレアがおすすめとのこと。

合肴として薄くカットした上ミスジと柔らかく炊いた大根にスジで取った熱々のスープをかけたもの。

続いて赤身のミスジを使った肉寿司が登場。シャリは40℃くらいで酢は玄米黒酢を使用。なかなかパンチのある味わい。

ご主人は前職が江戸前寿司の職人だったらしく寿司はお手のもののよう。

ワインも色々なタイプのものが取り揃えられる。

肉寿司の2貫目はクリという部位を昆布締めしたもの。噛み締めた時に昆布の香りが鼻をくすぐる。続いて酢橘ポン酢で下味をつけたクリの芯部分を叩きにしたものと続く。

温物は銀餡をかけた牛すじの茶碗蒸し。カツオと昆布不使用の肉料理店らしい出汁の味わいに敬服。続いて焼肉のとうがらし(肩と腕の希少部位でとても柔らかい赤身)は醤油麹に4日間漬け込んだものでとても香ばしい。

ホルモンは5時間ボイルした白と黒のハチノスとハート。ハチノスは柔らかくてとても美味しい。最後にスジ出汁で作ったかき氷をかけたレモンとコチジャンの入った冷麺で終了。

途中でこちらのお店の名物の牛肉100%のつなぎなしのミニサイズハンバーガーが供される。中にはレッドオニオンと甘くて辛いサルサソースと油カスとレタスが入る。柔らかいパンも美味しくて一気にいただくことができる。会計は予想の半額くらいでびっくり。最後まで楽しく美味しくいただけました。ごちそうさまでした。

帰りは近くにある老舗のスコッチウイスキー専門店で一休み。

大阪市天王寺区茶臼山町1-11 池田ビル B1F
06-6777-7567
12:00〜/18:00〜/20:30一斉スタート


カテゴリー 四天王寺前夕陽ヶ丘, 天王寺/阿倍野, 焼肉 |

にんにく鶏焼肉 サン

JR天王寺駅北側の戦前からある阪和商店街、通称裏天王寺に本年オープンした表記の店を訪問。店の入り口の赤ちょうちんが目印。1回はカウンター席で2階はテーブル席。

奈良県のブランド鶏の大和肉どりを使用したセルフ焼肉スタイルの珍しい焼き鳥店。

ポテトサラダ528円は龍の卵を使用した卵率が高いもの。鶏料理以外にも気の利いた酒肴がメニューに並ぶ。

本日使用する鶏肉のプレゼンテーション。この日はオーナー自ら調理と接客。鶏は飼育期間が長い養鶏所を選んでいるので鳥のサイズも大きくて黄色い濃厚な脂もたっぷり乗ったよく肥えたものを仕入れることができるとのこと。

大和肉鶏のももたたき1298円。地鶏ならではのしっかりした身質と色で歯応え、肉の旨みも満点。おろしニンニクと柚子胡椒をつけていただく。

続いて鶏焼肉盛り合わせ968円の鶏が登場。もも肉、胸肉、手羽先、ココロ、せせりなど。どの部位の肉も捌きたてでピカピカ光る。

肉を焼く鉄板部分と鶏出汁が入った野菜を炊く鍋部分の2層になった大鍋で調理をする。上の鉄板で焼いた鶏から出る脂が野菜の鍋部分に落ちていい味わいになるということらしい。好きな焼き加減で焼いた鶏を昭和の焼肉のタレ風のニンニクだれ又はポン酢でいただく。唐辛子や山椒、自分でクラッシュして使う生ニンニクなどの薬味も多数あり。

最後は「学食ラーメンセット498円」を注文していただく。鳥の脂がいいコクを醸し出していい締めとなる。お酒も安いしコスパは素晴らしい。このレベルの鶏をこの価格で食べるてことにびっくり。ごちそうさまでした。

大阪市天王寺区堀越町14-2
月~金/17:00~翌2:00
土・日・祝/12:00~翌2:00
※日・祝は早じまいの場合あり
日曜営業


カテゴリー 天王寺/阿倍野, やきとり |

森田屋 10月

現在アメリカロサンゼルス旅行中。しばらく過去の日記未掲載店を時差投稿となりますが掲載します。帰国後にアメリカ記事をまとめて記します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天王寺の表記の居酒屋を友人と訪問。天王寺公園沿いの谷町筋の東側に位置する。界隈では最も繁盛している大衆居酒屋の一つ。昼の12時からの通し営業で早い時間からお酒を楽しむ客で満席状態が続く。

ご主人が鶴橋の市場で仕入れる海鮮メニューが低価格でいただけるのが魅力。
1階は活気のあるL字カウンタ−、2Fは雰囲気の異なる小綺麗なテーブル席、3Fは座敷となっている。いつ来ても低価格で美味しいものがいただけるということで女性客グループも多い。。

どの商品も手作りを徹底されていて何をいただいても美味しい。最近、注文をタッチパネル化されておられ時代の移り変わりを感じる。

赤貝造り500円はかなり大きなサイズ。紐部分もついていて捌きたてであることが分かる。渡り蟹800円は小ぶりなサイズだけど美味しかった。自家製のローストビーフ、雑魚天も安定の美味しさ。

ゴーヤチャンプルは焼酎に相性ピッタリ。卵がたくさん入ったカレイの煮付けもお酒が進みまくる。湯豆腐をいただいてフィニッシュ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【森田屋再訪】

休日に登山に行った帰りに友人と3人で訪問。日曜日の16時で満席状態15分待ち。2階テーブル席に案内いただき好きなものを選んで注文。どの商品も手作りされていて廉価で販売。

しっかりとコクがあってボリュームもある自家製胡麻豆腐300円はビールにピッタリ。自家製おから150円、厚揚げ200円もいいアテになる。渡り蟹900円は卵と味噌が秀逸。この価格での販売が奇跡。ゴーヤ玉子炒め400円もしっかりした後を引く味付け。自家製らっきょ200円、ニラ卵焼きと続く。

太刀魚塩焼き500円はふわふわの食感。春巻き400円は中に味付けしたマロニーが大量に入る。蟹甲羅味噌焼き650円は芋焼酎と一緒にいただく。いか豆腐300円は懐かしい味わい。海苔巻き350円は普通。秋刀魚塩焼き550円も鮮度が良いことがいただけばわかる。

この日も美味しく楽しく気分良く過ごすことができました。

過去の森田屋はこちら

大阪市天王寺区堀越町12-11
定休日:月曜日
営業時間:12:00~23:00


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 居酒屋 |