寿司

すし豊 5月

阿倍野にある表記の寿司店を一人で訪問。最寄り駅は阪堺線の東天下茶屋。店のファザードも店内も昭和感満載。こちらのお店も通い出して20年以上になる。

昔から変わらない東京言葉で話すご主人との世間話もご馳走の一つ。大阪での江戸前寿司の走りの店と言われグルメ雑誌にはしょっちゅう掲載される人気店。しかしながら会計はいつも下町価格。

カウンター8席と小上がり2卓。ご主人とご子息、奥さんの絵に描いたような家族経営。

最初に瓶ビールと酒肴を楽しむ。レモン汁をたっぷりかけた生食の鮑の肝は大好物。生海苔に山葵を刻んだものを和えたものも出していただく。これだけでビール一本いただける。

続いてはこちらのお店のスペシャリティの和歌山産の熱々のもずく。真っ黒なもずくを2秒くらい加熱して提供される。うずら卵の入った特製の出汁で蕎麦のようにしていただく。

いただいた後は熱々の鱧の出汁をつけ汁と合わせて蕎麦湯のようにしていただくという趣向。

この日のメインは水槽に泳ぐご主人の釣った岩魚。この日のものが最後と聞く。5月からは有田の鮎が解禁になるのでそちらも楽しみ。神経締めした岩魚は最初は刺身で供される。あしらえの蓼の葉を食みながらいただく。

残りの身と骨はしっかりと時間をかけて焦げ焦げ寸前まで焼き上げて熱々の日本酒に浸して骨酒として提供される。これがなんとも言えないくらい美味しい。。あっという間に2合を平らげて次酒をお願いする。飲んでいくうちに岩魚の少しずつ身がふやけてきて酒に色がついて味わいも変化する。結局この日は一人で5合飲んでしまう。ご主人曰く最近、一升飲んだ方もいると言っていた。

残った味の抜けた岩魚の身は山椒味噌を塗って焼いて再び供される。カリカリに焼き上げた岩魚を頭からかぶりつく。。。これも日本酒がさらに進む。。

ここから寿司を少し所望する。最初に黒ゴマを鋳込んだハリイカ。紅葉おろしとアサツキを乗せた和歌山の鯛。シャリは甘さを抑えた白酢。

大きなサイズのコハダはほぼコノシロのサイズ。こちらのお店はこだわりがあり、いつもこのサイズを使われる。大阪で最初に煮はまぐりを提供したのはこちらのお店と言われる。

かぶらに包まれた酢締めしたヒラマサは味の3段ロケットと呼ばれ、この店のスペシャリティーとなっている。最初に蕪の酸味を感じて次にヒラマサの旨味、最後に唐辛子のピリっとした辛味を感じる。「味が三回変わってから飲み込んでね」とご主人の弁。

丁寧な仕込みの後で酒蒸しされたアンキモもかなり美味しい。「口の中で溶けちゃうよ〜」と言いながら提供される泉州産の穴子は熱々のふわふわでスフレ状態。「提供されて15秒以内で全部食べてね」とのこと。お腹いっぱいになってこの辺りでこの日は終了する。ご馳走様でした・・・

*こちらのお店のご主人は東京生まれで東京銀座の名店「新富寿司」で修行。しかしながらお店が厳しすぎて1970年、大阪万博見物と偽って仲間と脱走。そこから大阪で少し修行をして自分でこの店を出したと言う話もかれこれ25回は聞いている。名前は安田豊次、だから「すし豊」。いいお店です。

過去のすし豊はこちら

大阪市阿倍野区王子町2−17−29
06-6623-5417
営業時間:17:00~24:00
定休日:木曜日

 


カテゴリー 東天下茶屋, 寿司 |

かなえ寿司

大阪メトロ大国町駅・南海今宮戎駅から徒歩5分の木津市場にある表記の寿司店を訪問。木津市場に行くと正面側には新しい寿司店や海鮮丼の店、食堂などが立ち並んでいるんだけど南海本線側の建物の裏側にこちらのお店はひっそりと位置する。

こちらは創業明治33年の超老舗店で、120年くらいこの地で営業。現在はシニアの握り担当の3代目と切りつけ担当の4代目の2人で切り盛り。客はほとんど市場関係者と常連ばかり。市場の中の寿司店なので早朝4時から午後2時くらいまでの営業。この店のすごいのは市場の休みの日も営業されていて365日休みなし。

店内はL字のカウンターが10席、2人テーブル2脚、6人テーブル1脚。いつもネタケースにはあまりネタが入っていない。昼時に訪問すると品切れのものが多いのも仕方がない。

ランチタイムのメニューはおまかせ8貫で1000円・1500円・2000円・2500円の4種類。価格はネタの異なり。1500円が一番お得でお勧めとのこと。

勝手知ったる40年くらい通っている私はいつものようにマグロ抜きでその日の最高ネタが揃う2500円の盛り合わせを所望する。

しばらくしてその日揃う最高ネタを丁寧に仕込んだ8貫が供される。旨みたっぷりの熟成した800gサイズの鯛。かなり大振りの甘エビ、色は悪いけど味がしっかりと乗った雲丹、軽く炙った帆立貝柱、赤貝のヒモ部分、活アジ、生のホタルイカ、炙って甘だれをつけた鰻など。。シャリは大きめで温かくて不定形なのが市場の寿司の伝統。。どの握りも文句なく美味しい。

大きな赤貝が見えたので別料金で所望する。独特の貝の香りとシャキシャキの歯ごたえがなんとも言えない。。この日も美味しくいただきました。。無料駐車場もあって便利です。

過去のかなえ寿司はこちら

大阪市浪速区敷津東2-2-8 木津卸売市場内
06-6649-1308


カテゴリー 大国町, 寿司 |

板前肉炙りすし割烹 一斗

東心斎橋の周防町筋にある表記のお店を訪問。西成にある超繁盛店の一斗本店は昔からよく利用していたけどこちらのお店は初めて。過日に本店のカウンターで一人で焼肉を食べていたら社長が出てきて、少し世間話をしている中でこちらのお店を勧めていただく。

こちらのお店は自社ビルの3階に位置し、1階は焼肉店となっている。お店はカウンターのみで知らなければ普通の静かな高級寿司店の内装となっている。しかしながらBGMは懐かしの昭和歌謡曲となっているのが面白い。

席に座ると目の前のネタケースに魚ではなく牛肉の刺身が10数種類ならぶ。
その他に貝柱、海老、タコ、穴子など魚介もある。寿司以外に刺身や焼き物、揚げ物、酢の物、小鍋などいろいろあって、お得なコース料理も2種類ある。

今回は初めてなので好きなものだけをアラカルトで所望する。

突き出しは特製のローストビーフ。盛り付けも美しく肉の脂が咀嚼とともに咥内に甘く広がる。

お勧めの筍と牛肉のしゃぶしゃぶ。とろみのある餡がかかる。肉は柔らかすぎて口の中で解けまくる。。

肉の刺身盛り合わせ(写真1人前)。甘辛く味付けされたタンユッケ、綺麗に包丁目の入ったタン元、脂ギッシュな三角バラの雲丹包み、細かい差しの入ったイチボなどが綺麗に盛り込まれ、これらを独特な味わいの脂に負けない甘い醤油につけていただく。

ヒレ肉を使った牛カツは歯がいらないくらい柔らかい・・・今までいただいた牛カツの中では最高の部類に入る(値段も最高だけど・・)

ここからお任せで肉寿司を所望する。生のまま握ったり、裏側をバーナーで炙ったりいろいろな工夫を施して提供される。バラ肉の雲丹載せは驚くくらいの脂を纏った肉と小さなシャリと甘い雲丹が口の中で混ざり合ってこれだけで堪能する一貫。

口に入れると勝手に解けるサーロインと炙っておろしポン酢を添えたカイノミ。。部位によって味わいが異なるのでとても楽しい。過去に肉寿司をいろんなところでいただいたことがあるけどここまで多種類でレベルが高いのは初めて。

この後。三角バラ、ヒウチ、ウチヒラ、イチボと続く。流石に脂が強いものが多いのでこれくらいで腹パンとなる。最後にアイスのデザートをいただいて店を出る。ごちそうさまでした・・・

大阪市中央区東心斎橋1-16-26 一斗ビル 3F


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 寿司 |