焼肉

たか松

友人から誘っていただいて天王寺の茶臼山にある表記の肉割烹店を訪問。最近インスタグラムでもよく見る大人気の予約困難店。天王寺駅から谷町筋沿いを北に一心寺の方向に10分ほど歩いたところに位置する。小さなビルの階段を降りると地下に落ち着いた雰囲気のこじんまりとした空間が現れる。お店はL字型のカウンター10席のみでコース料理は6500円。この日は18時スタートの一斉スタートの席で4人でいただく。。

最初にこの日使用する食材のプレゼンテーションから。木箱の中に色々な部位の肉が取り揃えられている。目の前に鉄板が置かれていて店主のアドバイスに沿って自分で焼いていただく設えになっている。

ビールで乾杯して最初の前菜は歯応えもいい牛アキレス腱をポン酢で和えたもの、牛すじを使ったコクのあるテリーヌ、荒くカットした赤身肉を使ったユッケにウズラ卵とおろしたチーズとトリュフオイルを添えたものがガラスの器で供される。

続いてメインの焼肉が続く。切り立ての肉を一部位2切れずついただける。最初に薄くスライスしたツラミはネギに巻いていただく。続いて昆布で3日間締めたクリという肩から前足の部分の赤身肉。脂たっぷりのミスジは3回さっと炙るだけが美味しいと目の前でアドバイス。笹ミスジの西京漬(写真なし)と続く。どれも漬けタレなどはなく全て下味がつけられて供される。焼き加減はどれもレアがおすすめとのこと。

合肴として薄くカットした上ミスジと柔らかく炊いた大根にスジで取った熱々のスープをかけたもの。

続いて赤身のミスジを使った肉寿司が登場。シャリは40℃くらいで酢は玄米黒酢を使用。なかなかパンチのある味わい。

ご主人は前職が江戸前寿司の職人だったらしく寿司はお手のもののよう。

ワインも色々なタイプのものが取り揃えられる。

肉寿司の2貫目はクリという部位を昆布締めしたもの。噛み締めた時に昆布の香りが鼻をくすぐる。続いて酢橘ポン酢で下味をつけたクリの芯部分を叩きにしたものと続く。

温物は銀餡をかけた牛すじの茶碗蒸し。カツオと昆布不使用の肉料理店らしい出汁の味わいに敬服。続いて焼肉のとうがらし(肩と腕の希少部位でとても柔らかい赤身)は醤油麹に4日間漬け込んだものでとても香ばしい。

ホルモンは5時間ボイルした白と黒のハチノスとハート。ハチノスは柔らかくてとても美味しい。最後にスジ出汁で作ったかき氷をかけたレモンとコチジャンの入った冷麺で終了。

途中でこちらのお店の名物の牛肉100%のつなぎなしのミニサイズハンバーガーが供される。中にはレッドオニオンと甘くて辛いサルサソースと油カスとレタスが入る。柔らかいパンも美味しくて一気にいただくことができる。会計は予想の半額くらいでびっくり。最後まで楽しく美味しくいただけました。ごちそうさまでした。

帰りは近くにある老舗のスコッチウイスキー専門店で一休み。

大阪市天王寺区茶臼山町1-11 池田ビル B1F
06-6777-7567
12:00〜/18:00〜/20:30一斉スタート


カテゴリー 四天王寺前夕陽ヶ丘, 天王寺/阿倍野, 焼肉 |

熟成焼肉あらた 

堺の表記の焼肉店でランチをいただく。お店は⁣堺市民芸術文化ホール(フェニーチェ堺・旧市民会館)の西側、フェニックス通り沿いに位置する。界隈にコインパーキングあり。
重厚な内装の店内はボックス席とテーブル席、扉付きの個室席など。一人だったけど半個室に案内いただく。

6種類のランチの中から「あらた丼1600円」を注文する。他には和牛のすき焼き丼、タンシチュー、石焼ステーキ丼など。

しばらくして着丼。蓋を開けると薄切り肉が敷き詰められていて壮観のビジュアル。薄切りサーロイン肉を軽く炙っているとのこと。肉を卵黄と絡めるとより濃厚になる。タレは甘辛でご飯とよく合う。サラダと牛骨スープ、ミニキムチがつく。肉は宮崎牛を使用とのこと。

インスタグラム等でよく掲載されていて若い方でいっぱいでした。ごちそうさまでした。。

堺市堺区翁橋町1-8-17
072-229-2229


カテゴリー 堺市, どんぶり, 焼肉 |

焼肉 一斗 本店

戎神社を参拝した後で友人と西成の表記の焼肉店を久しぶりに訪問する。大阪のあちこちに分店をたくさん出している有名店で昔から定期的に訪問している。店の隣には「かすうどん」の専門店やカフェ、精肉店(すじ肉が上質なので良く購入する)のようなお店も展開されている。店のファザードは誰が考えたかわからない豚と牛の奇妙なイラストが描かれた看板テントが目を引きまくる。

店の入り口の冷蔵庫にはさまざまな部位の塊肉が積み上げられていてすごい迫力を醸し出す。ちょうどオーナーがいたので世間話をしてから席に案内いただく。最近は店長が全て接遇してくれるカウンターがお気に入りなんだけどこの日は予約済みで座敷でいただく。2階席もあり収容人数はかなり多い。接客は外国人がほとんどだけど教育は行き届いていて皆さん丁寧に話をされる。

最初にビールで乾杯をしてからハムサラダを所望。自家製のハムにネギなどの野菜の入ったもの。半分残してコンロで焼いていただくのが私流。

メニューは全て壁に短冊で書かれている。お酒のあてにナムル盛り合わせを所望する。

この日の店長のおすすめの鹿児島中山牛のグランドチャンピオンを取った牛のももステーキ7480円を所望する。ちなみに脂分の多いサーロインだと10780円、ヘレだと15180円。鉄板焼き店や他の焼肉店と比べるとかなり良心的な値付けと思われる。

赤身肉だけどとても柔らかくて肉の旨みもしっかりと感じられて、咀嚼すると口の中で甘い脂が迸る。ガーリックチップや岩塩、わさび醤油、薬味野菜などで美味しくいただく。

ミノは包丁をしっかり入れているのでとても柔らかい。甘いタレもお酒がどんどんすすむ。

最後にテールスープに卵を追加してもらって締めにする。今回は美味しいものを少しだけいただきました。

帰りに通った居酒屋の店先に掲示されていたポスター。周りにいる数人の友人を思い浮かべた・・・

過去の一斗はこちら

大阪市西成区天下茶屋東1-23-18
06-6659-8618
17:00〜24:00
月休み


カテゴリー 今船, 焼肉 |