居酒屋

ぶらり横丁

大阪梅田の地下街で西梅田駅や阪神電車梅田駅の改札の横に戦後から50年以上そのままの姿で残っている「ぶらり横丁」という飲み屋街がある。一人で電車に乗って帰るときはふらりと立ち寄る。。。。 ぶらり 3件くらいはしごをしてしまう時もあるが入口にある「まねき」といううどん屋はとても有名である。 横丁内はディープ酒場の極み。都心のど真ん中で希少なスポットである。普通の人はなかなか入られないと思う。よっぽど変った方でないと行きたいと思わないかもしれない。 地方の方が見たら異次元空間かもしれない。。 しかしながら個人的にはかなり好き。。 細い通路の両側に屋台風の店がひしめき合う。 料理は店によっていろいろ。食べたいものはほとんど300円から400円くらいである。 横丁の中で昔からよく行く一番奥の店はいまだ名前を知らない。。。 burariyokotyo.JPG そんな店でビールや焼酎を3杯くらい飲んで頭をからっぽにするといい息抜きになる。 写真は執拗にすすめられる名物の特製串カツ。。。かなりボリュームがあって柔らかで甘くて玉ねぎもささっていて旨い。。。 ソースも2度づけ禁止系ではなくいろいろ入っていて濃厚。。。 そのほか名物料理はエチオピア。。。 エチオピア⇒アベベ⇒素足⇒豚足。。。。ということらしい。 あとハリケーンポテトとか気になるメニュー満載。。 このお店のおばちゃんは和歌山出身で最近亡くなられた箕島高校の尾藤監督のご近所と聞いたことがある。まあどっちでもいい話だが。。。。


カテゴリー 梅田/JR大阪, 居酒屋 |

新川 にしや

難波高島屋の南側、大阪府立体育館の北にある「にしや」。 繁盛店であることは界隈で有名。。。結構早い時間に予約をするが6時半までとの約束で突入。。。 お店にいる間も次々予約の電話が鳴りまくる。飛び込みでやってくるお客は皆断っている。 小さく座り心地の悪い席に座ると店員さんからキャッシュオン制である旨の説明を受ける。 小さな器に5000円を入れると一品頼むごとに店員さんがここから代金を徴収して行ってくれる仕組み。 いくらまで飲み食べすると自分で決めることが出来る。 魚料理が有名らしくさまざまな魚を和洋中で調理して500円くらいで提供。。 野菜料理も充実していて炙ったアボカドの明太子ソースや蓮根まるごとフライなんかもあって女性客が喜ぶ内容となっている。。。 と思っていたら店の中は女性だらけであることに気づく。。 魚のホルモンを所望。。いろんな魚の内臓をボイルしてポン酢を掛けたもの。。。天然魚の内臓は実はかなりうまい。。こういう酒肴が一番の好物。。。しかも350円と言う驚き価格。。。 PB190030.JPG 店員お勧めの「お造り7種盛り合わせ」を所望。 7種類のお造りが一切れずつ食べれるんですが、これで一人500円。 若い人たちには、このお値段でこれだけ美味しいものがいただけるのはええんやろなあ・・・とおっさんの会話。。 nisiya.jpg 毎日献立も変わってコストパフォーマンスは最高。。。この立地で毎日開店から閉店まで満席という奇跡的な店。。。。 大阪市浪速区難波中1-17-16寺田ビル  06-6634-2440

新川にしや居酒屋 / 難波駅(南海)大阪難波駅なんば駅(大阪市営)


カテゴリー 難波, 居酒屋 |

せいもん払い

驚愕低価格大衆居酒屋の後に高級居酒屋に速攻で移動。。 飲食業の友人によると 福岡中で1番美味しい魚を仕入れているらしい。食べログの福岡ランキングでも堂々の1位のお店。 misemaeseimon.JPG 不思議な店名は「博多商人の商売への感謝祭」というような意味らしい。月曜日なのにお店は超満員。 この店で、財布を気にしないで飲めるようになれば一人前と言われるらしい。予約が出来るのは6時半までの入店に限り、しかも予約時間から5分遅れたらキャンセルとみなすという強気な店で友人がわざわざセッティングしていてくれたことに感謝。 tukuriseimon.JPG 早速作りの盛り合わせを所望。。。謙虚に一人前を盛っていただく。。さざえ、上質のトロ、タコ、車エビ、姫アワビ、天然帆立貝、かんぱち、鯛の取り合わせ。すべてバチバチの玄界灘。。。 awabiseimon.JPG 姫アワビも北海道でいただいたものと同じ。。小さいながらも貝の味が凝縮。サザエよりも上品な磯味は日本酒にぴったり。 ibodai.JPG つぼ鯛の味噌漬けは大きな身がポクポクして甘味も最高、焼きも上手でかなり美味しい。酒がすすみまくり。。。 saradaseimon.JPG 新じゃがをケンにしたサラダは普通にさっぱりして旨い。。。ありそうでなかった逸品。。。。。 gomasabaseimon.JPG 再び登場のごまさばは必須注文メニューらしい。見るからに新鮮でピカピカ。特製ゴマソースはごま油と甘口の醤油が鯖の脂とナイスマッチ。。。これは冬になるともっと旨いだろうと思ったぜ。         agetenseimon.JPG ちぎり天も材料のえそが新鮮でホクホクしてうんま~と思わず声が出る。。。焼酎を所望したかったが博多の夜は長いのでセーブすることにする。 okyu-toseimon.JPG  福岡名物のおきゅうとはところてんのようなもので海草をつぶしてつくるらしい。しょうゆとしょうが、鰹節をかけていただく。。さっぱりしていい感じ。。。。 sutekiseimon.JPG 糸島牛のステーキは見た目よりもさっぱり。。。もう少し脂が主張してもいいかと思うがこれは好みの問題。。柔らかくて癖があまりなくてええ和牛を食べてるなあという気分にしてくれる。。。 個人的にはコストパフォーマンスはかなりあると思ったしこのレヴェルの魚を大阪で食べさせる店はいまのところないであろう。。。魚って新鮮であればうまいというわけではなく産地と調理方法、調理する人の技術力、流通技術などさまざまな要素が複合して相乗効果を発揮することが必要なのであろう。。。 この店もええ勉強となりました。。。 *このあと行った中州の飲み屋のママはじゃんけん日本一らしく私も挑戦したが5回連続で負けてしまった。勝率98%でじゃんけん日本一で検索すると出てくる有名人だった。。 福岡市博多区上川端町5-107 シャトー川端 1F 092-281-5700

せいもん払い居酒屋 / 中洲川端駅祇園駅呉服町駅


カテゴリー 九州地区, 居酒屋 |