福島

福島 某店

大阪の福島にある某日本料理店。現在予約が9ヶ月待ちという店で会食。

店内は装飾を廃した品のあるシンプルな内装。カウンター10席の一斉スタート。

座付は冷たく冷やされた白芋茎のすり流し。。食欲をそそる涼味ある一品。。

続いては淡路島の鱧を骨切りして皮を外して冷水でさっと洗ってから寿司にしたもの。美味しいすぎて声が出なくなる。。

この日は日本酒を3種類くらいいただく。酒器はオールドバカラ。

煮物は枝豆豆腐と柔らかく炊かれた九州産の鮑。。上質な昆布出汁の風味がなんとも言えない。出汁の加減は修行先の本湖月譲り。

お造りはかなり大きな魚体と推察されるアコウと剣先烏賊、この日初入荷のよく肥えた由良の雲丹の3種盛り。

焼肴は茨城の天然うなぎ。皮も薄めでありがちなゴワゴワした食感ではない。。丁寧に炭火で仕上げられている。あしらえは胡瓜のすりおろしと旬の白瓜。

七夕をイメージした大きな皿に盛り込まれた八寸は小付5種。。シャインマスカットの白和え、マッシュしたかぼちゃとインゲン、甘長唐辛子とクラゲ、この日は半夏生だったので蛸とオクラ、岩茸と白ズイキ。

吉野葛の素麺に鴨の生ハムを添えたもの。さっぱりとした酸味のある出汁がとてもいい。

骨切りをした淡路の鱧に餅米を砕いた衣をつけて焼き上げた逸品は食感の妙も相まって驚くほど美味しい。鱧に油を廻しかけながら焼くので身もしっとり。飲み込むのが惜しくなるほどの美味しさ。あしらえはトウモロコシの揚げ物。

四万十川の鮎と茄子を鮎の内臓の塩漬けのうるかで煮たもの。独特のコクと苦味がいい暑気払いになる。

釜焚きご飯と金時草の御浸し。独特のぬめりがいい。香の物は水茄子、胡瓜、オクラ。

自家製の鯵のでんぶは湯煎で作るとのこと。            

デザートは焼き無花果と葡萄のアイス。。。この後は水羊羹と抹茶でフィニッシュ。お腹いっぱいご馳走様でした。次回の予約は来年の4月でした・・・・・


カテゴリー 福島, 和食 |

肉割烹 月火水木金土日

福島駅の高架下にある表記の店を訪問。店内はオープンキッチンで肉を焼いたりカットしたりするところが見える。この日は特等席のカウンターで如月の極みコース9500円をいただく。

先付けは熊本和王牛のミスジ部分を軽く炙って生雲丹とキャビアを乗せたもの。スターターとしてはとてもいい。

肉八寸は和牛時雨煮と菊菜の浸し、牛すじの雲丹寄せ、筍とマスカルポーネの生ハム包み。菜種の和牛巻き、黒豚のフィレカツ。フィレカツが好みでした。。

お椀はテールスープ仕立てで宮崎産の黒毛和牛のマルシン部分を低温調理したものが中に入る。特にどおってことはない。。

ヒラメの薄造りと鯨肉。それぞれをポン酢と生姜醤油でいただく。シャブリと一緒に味わうととても良かった。

鱈白子と牛テールの茶碗蒸し。トリュフが乗っているんだけどどういうわけか全く香りがしないのが不思議ちゃん。

熊本産のプレミアム和王牛のイチボの炭焼き。熟成感も感じられてとてもいい。炭塩と山葵、蕗味噌でいただく。あしらえの野菜も丁寧に仕上げられている。

ピノ・ノワールもコスパ良し。

雲丹の入った出汁で和牛をしゃぶしゃぶにして卵に絡めていただく趣向。ワインが進みまくる濃厚な味わい。

食事は土鍋で供されるイクラご飯。お焦げ部分がとても美味しい。。

デザートの生姜と蜂蜜のミルクプリンは濃厚でかなり美味しかった。スタッフさんの接遇も丁寧でいこごちもとてもいい。客層は女性グループと若いカップル。。。肉料理なんだけどとてもハイセンスないいお店です。

福島区福島7丁目1番地7号
06-6147-5149

肉和食 月火水木金土日牛料理 / 福島駅新福島駅中之島駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


カテゴリー 福島, 和食 |

京風おでんと旬菜 すが

新梅田シティで泣ける映画を見た後で福島にある表記の店を遅がけに訪問。JR福島駅から徒歩2分の場所に位置する。
普通のおでんではなくひとつずつ出汁や供し方を変えた和食テイストの割烹スタイルのおでん。しかしながら北新地にあるような高級路線ではなくとても使いやすい。ご主人が一人で切り盛りされる。

前菜にオススメのうずら卵を温泉玉子にして出汁ゼリーで寄せて、その上にいくらと塩昆布をかけたもの450円からスタート。これはありそうで今までなかった料理。トロトロの一口大の温泉玉子といくらの相性もとてもいい。もう一皿食べたいくらい美味しかった。海老の塩茹でと生野菜のマヨソースかけ650円は普通なり。北海道産粒貝のバター醤油あえ600円はお酒が進む味わい。

ここからおでんを所望する。まずはマストメニューの大根150円は薄味なんだけどしっかりと出汁が染み込んでとてもいい。こんにゃく150円は上にネギと柚子胡椒がかかる。豆腐200円はしっかりと煮込まれていてとろろ昆布がトッピング。

春菊のさっと煮250円は柚子風味。骨を取り除いた豚足600円はポン酢仕立て。コラーゲン部分の蕩けるような食感と筋部分のコリコリした食感の差異がとてもいい。とても上品で味わい深い食感にびっくりで本日のナンバーワン。生湯葉450円はオリーブオイルを纏った餡掛けで供される。

続いて揚げ茄子の生姜餡掛け350円。長芋の磯辺餡掛け350円を所望。海老を包んだ蓮根団子500円はもはや割烹店の仕事。レタスと柔らかく炊き込まれた豚のタン650円も目からウロコの美味しさ。

自家製さつま揚げ350円は色々な野菜が入ってとてもカラフル。柔らかく炊き込まれた牛すじ肉450円はもも肉と首の赤身肉を使用とのこと。ロールキャベツ300円はトマトソースがトッピングされる。ハチノス400円もおでんでは初めていただく味わいで出汁と上にかけられたチーズとの相性も抜群。揚げチーズもちのあられ餡掛け400円は普通。北海道産水タコ500円はゆずポン酢で供される。吸盤の美味しさは秀逸なり。

これ以外にも定番の商品やイカ墨の黒はんぺん350円もち米と豚肉のシュウマイ400円とりのつくねテリーヌ風500円、水菜と豚肉のはりはり550円、ズワイガニと餅の巾着700円、岩海苔を練りこんだニョッキとトウモロコシ750円などの創作メニューもあり次回再訪で全メニュー制覇を心に決めて店を出る。

今日の教訓
ひとつずつは安くても食べ過ぎて結局は高くつく。。

大阪市福島区福島7-13-7
06-6343-9114月・水~日
17:30~23:00
定休日 火曜日

すがおでん / 福島駅新福島駅中之島駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


カテゴリー 福島, 関東炊 |