天神橋筋六丁目

ひとりしゃぶしゃぶ オオタニ

ランニングの帰りにお腹が減ったので表記の店を発見し一人で訪問。淀川河川敷近くの住宅街に喫茶店の居抜きと思われるピカピカのお店。聞けば去年の6月にオープンしたらしい。注目すべきはひとりしゃぶしゃぶというコンセプト。大商圏の地域ではたまに見かけるがこのあたりで見るのは初めて。

店に入るとすべてテープル席でテーブルに大きな穴があいていてその下に電磁調理器がうめこまれていて鍋を穴に入れてそれぞれが食べるという仕組み。*おもしろすぎ

想像ではひとりしゃぶしゃぶだからカウンターのみかと思ったが予想が外れカウンターを食らった感じ。。。日曜日の昼間にこの日は客は誰もいなくてまさにひとりしゃぶしゃぶ状態なり。。。

お店のウリは最高級松阪牛をゆっくり格安で堪能できる点。A4・5~A5ランクの最高級松阪牛の子牛肉を使用と書かれている。「松阪牛しゃぶコース」(シングル1980円、ダブル2600円)は、野菜5品、日替わり野菜2品、うどん、デザートという内容

ランチタイム専用で「極み豚しゃぶコース」(シングル830円、ダブル960円)と「極み豚o松阪牛ミックスコース」(シングル920円、ダブル1380円)、「松阪牛しゃぶコース」(1600円)がメニューにある。肉の良を尋ねると1人前100グラムと言っておられたので極み豚しゃぶダブル(150グラム)960円を所望する。

 

 

2013-04-21 11.40.16

 

綺麗な木の箱に入った野菜が登場。これは清潔感がしっかりと醸し出されていてポイントが高い。豆腐が2個と白菜とチンゲンサイなどつけダレはポン酢とゴマだれを選べるが両方頂くことにする。一つの鍋を皆でつつくことに抵抗があったり自分の肉の量を確保してゆっくりと食べたい人にはいいであろう。

しかし鍋イコール団体のイメージがあるので大人数の客は来にくいだろうなと思う

2013-04-21 11.42.25

極み豚というのも松坂産と言っておられた。綺麗な肉質の肩ロースだが個人的には好きなタイプの肉。ポン酢とゴマだれが少しあっさりしすぎかなと好みではあるが感じた。。。しかしアンダー1000円でガッツリと豚しゃぶを食すことが出来るというのも結構嬉しい。。。

ご飯もとても上質でお代わり自由。。。今日も食べまくったぜ!!

大阪市北区長柄西2-8-18 メゾンエルミタージュ1F
電話06(6809)3237
営業時間 ランチ11:30~14:30(L.O.14:00)、ディナー17:00~22:00(L.O.21:30)


カテゴリー 天神橋筋六丁目, |

天平

この日は友人と天満でランチ。コインパーキングに車を止めて表記のお店に天ぷらを食しにいく。

駅の南側のいかがわしいお店の看板を横目で見ながら界隈をぶらぶらしながらお店の視察も兼ねる。店の場所はJR天満駅からマクドの東側にある路地を北に向かってすすんで路地を抜けてから北へ少し歩いたところ。

この界隈って今みたいに賑やかになるからよく知っていて今から30年くらい前に友人がこのあたりに住んでいて大学生だった私は友人と共にこのあたりの立ち飲みおでんによく通ったものである。

時代はバブル真っ盛り、夜中になると北新地のホステスさんがタクシーでおでん屋に乗り付けてくるのを目当てにおでんばかり食しにいった記憶がある。その店も今は経営者も変わって健在中。何回か丹波哲郎にもあった記憶がある。

2013-01-31 13.22.01

そんな思い出深い天満界隈も今や立ち呑み業態というかワインバルや立ち飲み炭焼き、立ち飲み焼き肉、立ち飲みイタリアンみたいな店が増えまくって今や梅田やミナミ以上のにぎわいを見せている。

そのなかで個人的に大好きでいろんな意味でこの界隈でリラックスして食事が出来るお店が表記の店である。

2013-01-31 14.09.26

このお店も私が大学生の頃からあって天ぷらだけではなくてお造りをはじめとする魚料理もとても安くておいしい。魚中心の居酒屋と言ってもいいが品格がある。そして私の中で天満を代表する店としてリスペクトする理由がこの店にある

2013-01-31 13.44.45

お店の中はあちこちにメニューというか品書きが短冊状になって貼られまくっている。この日はいらっしゃらなかったがご主人のおかあさん(たぶん90才は超えている)が今も現役で書いていると聞き及ぶ。

このお店の名物女将さんはチャキチャキを絵に描いたような方で接客、声がけ、天ぷら揚げを一人でこなし元気はつらつ清々しいエナジーをふりまくる。気取りがなくて明るくて優しくて人のもついやみという物が全くない。

ほんでご主人と女将さんは互いに「おとうさん」「おかあさん」と優しく呼び合ってて仲睦まじく仕事を淡々とされ昭和の頃ドラマに出て来るような夫婦の理想の形を目の前で体現される。その様子を見ながらお酒を頂き好きな天ぷらを好きなだけ頂くととても幸せな気分になる。

夜は単品で注文する天ぷらも他店の約半額で食すことが出来る。食事の最後に大根おろしを絞った汁で作る大根ジュース50円は胃の調子がとても良くなる。この日は昼間だったので天ぷら定食650円の赤出しを粕汁に変えたバージョン(プラス150円)を所望する。

この店には伝票が存在せず女将さんは自分の揚げた天ぷらを誰に提供したかをすべて記憶することが出来て勘定をいうとすらすらと復唱してそれをご主人がそろばんを使って計算する仕組み。30人くらい客が入っていても同様である。これは必見の価値あり。。

2013-01-31 13.49.39

出てきた天ぷらはこんな感じ。エビの天ぷら3匹にいわし、イカ、茄子、ゴボウに人参、海苔、インゲン。。年期の入った仕事ぶりに感心する。油も良質でとっても軽い後味である。これにご飯がついて650円なり。

2013-01-31 13.49.32

この冬初めての粕汁。身体もぽかぽか温まりとっても美味である。夜は9時までなのでこの店で晩ご飯を食べて近くにワインを飲みにいくというのが王道コースであろう。この店はあまり紹介したくなかったな・・・

大阪市北区天神橋5丁目1-14

tel. 06-6353-4714
11:30-14:30 17:30-21:30
日祝休み

天平天ぷら / 天満駅天神橋筋六丁目駅扇町駅


カテゴリー 扇町/天満, 天神橋筋六丁目, 天ぷら |

桜花

風邪をひきかけているので天六にある京医院でプラセンタ注射とビタミン注射をダブルでする。その帰りに近くのフレンチでランチ。場所は天六から中津に抜ける道の途中、豊崎の少し手前。 フレンチの旗が目印。店内は白を基調にした明るい雰囲気でぱっと見はカフェ調、思いのほか店内は広い。

以前にも頂いたことのあるランチ1000円を所望する。

夜の料理もリーズナブルに頂けるようである。

まずはこの店の名物の野菜のスープ。この日はサツマイモ。カリフラワーやカボチャなどその時々で変わるようで持ち帰りもあった。さっぱりしていてさつまいもの甘みと旨みがしっかり感じるミルキーなテイスト。

地域柄かお箸や和食器もあってカジュアルな感じで入りやすい。メインはハンバーグや鯛のポワレ、鳥のソテーなど数種類から選べるようになっている。

私は鴨とキャベツのテリーヌをチョイス。カラメルソースにシェリービネガーを合わせた苦みのある甘酸っぱいソース。ハンバーグのような感じもする。ポテトグラタンの付け合わせも口直しにいい。しっかり手が込んでいて1000円の料理には見えない。

最後にコーヒーか紅茶を選べる。嬉しい。。スタッフの方のさりげないサービスが心地よかったです。

ごちそうさまでした。詳しくはこちら

大阪府大阪市北区本庄東1-25-8 アシスト94 1F

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

くら寿司の魚介ラーメン350円。。回転寿司では初めての試み。。麺の量は少ないけど悪くはない。。サイドメニューとしては秀逸。。麺、煮卵、スープともに美味しいと思った。。

抹茶パフェ200円も所望。手前はわらび餅。小豆と生クリームと抹茶のムースはかなり苦い。この苦さが美味しいと感じさせるんだろうなと一人納得。わらび餅も小豆もどう考えても保存料、着色料が入っているのに無添加と主張。。よくわからん・・

 

桜花フレンチ / 天神橋筋六丁目駅


カテゴリー 天神橋筋六丁目, フレンチ |