麺料理

Udon Kyutaro

本町にある表記のうどん店を訪問。大阪のうどん店ではかなり有名な店でランチタイムはいつも行列となる繁盛店。大阪メトロ本町駅から丼池の方向に徒歩3分の場所に位置する。周りにたくさんのコインパーキングあり。2017年創業で店主は香川の有名店で修行とのこと。表に看板等がないので視認性が悪く、かなりわかりにくい。入口ガラスに小さく店名が記される。店前の行列が目印とも言える。

細長い店内はコンクリートの打ちっぱなしで天井がかなり高い。立ち食いカウンター10席のみで女性客も多い。店幅は1.8mくらいで店の奥には厨房を兼ねた、注文と支払いをする場所がある。厨房に3人、サービス1人の体制で切り盛り。注文と会計をする場所に天ぷら・おにぎり、薬味コーナー(葱 生姜 天かす)がある。うどんを注文して天ぷら・おにぎりコーナーでトッピングを選び、料金を支払っていただくハーフセルフの仕組みとなっている。

メニューも食指の動くような現代的なものが多く迷ってしまう。この日は名物のブランド豚肉をのせた「Aburi 醤油 熱 850円」を所望。その上に舞茸と鶏天、青海苔天をトッピングする。

見るからに美味しそうでピカピカ光るうどんのビジュアルが美しい。テーブルにある甘口のある濃厚な醤油を2周くらい掛けていただく。やや太めのうどんは硬すぎず弾力がありながら粘りのある食感。小麦の甘みがストレートに感じられる。このタイプの麺は初めていただく。。バーナーで炙られた旨味の強いブランドポークも柚子胡椒のアクセント含めてかなり美味しい。その下には煮込まれたレアチャーシューも添えられる。

久しぶりにレベルの高いうどんを堪能した気がする。

大阪市中央区久太郎町3丁目1-16
080-2516-2680
営業時間:7:00~10:00、11:00~15:00
定休日:日曜日


カテゴリー 本町, 麺料理 |

あげたて饂飩 つきろう

西成区津守にある表記のうどん店を訪問。地下鉄四ツ橋線北加賀屋駅2番出口から徒歩4分。コインパーキングは周りにたくさん点在する。テーブル3卓とカウンター5席だけのお店なので昼時は超満員。11時の開店直後か14時以降の訪問をお勧めする。

ご主人は大阪讃岐うどんの名店「はがくれ」で修行。「うどん」そのものと和風出汁味と21種のスパイス味の2種類のカレーうどんの美味しさで有名。見ると店内カレーうどん注文率が多い。

この日はこの時期ならではのシーズナルメニューの冷やしカレーうどん980円を所望する。(白ご飯セット1060円などいろいろオプションあり)

しばらくして着丼。店主の仕事ぶりが観れる入り口近くのカウンター席はかなりお勧め。湯がきたてで冷水で締められたうどんはピカピカと光り輝く。ツルツルで軽いグミ感とむっちりした食感とコシのバランスがとてもいい。個人的に好きなうどんのタイプの一つ。

さらりとしたつけ汁はターメリック、コリアンダー、クミン、カルダモンなどのスパイスに鰹、昆布、ウルメ、サバ、イリコなどの和出汁を合わせたものに麺に絡むように卵が流される。つけ汁そのままでも飲める塩梅もいい味わい。

具の湯がきたての温かい豚ロースしゃぶと冷たいシャキシャキのオニオンスライスもこの出汁によく合う。暑気払いにぴったりの栄養価も高いランチでした。

過去のつきろうはこちら

大阪市西成区南津守7-14-7
06-6652-4408
営業時間
11時00分~14時30分
17時30分~20時30分


カテゴリー 北加賀屋, 麺料理 |

金彩(きんいろ)

天神橋7丁目にある表記のラーメン店を訪問。5月に初めてこちらの中華そばをいただいて以来の再訪。天神橋筋6丁目駅からは北に徒歩3分。店の周りにコインパーキングあり。界隈は有名ラーメン店が集積する激戦区。

店内はカウンター10席のみで店主さんと若い女性店員さんで切り盛り。メニューは清湯ベースと魚介の合わせスープベース、つけ麺に分かれていてジビエラーメンや週末のみの特別ラーメンなどもある。

食材のこだわりもかなり強くスープの材料には純鶏名古屋コーチン丸鶏、ガラと豚足、猪骨等を使い6種類の醤油をブレンドして寝かしたカエシを合わせたものとなっている。今回は夏限定メニューの冷やし塩ラーメン980円を所望する。

しばらくして着丼。塩味だけど雑味もなくなんとも言えない深いコクがある。スープの表面には鶏油らしきものが浮かぶ。麺は太めのストレート。麺線も美しくしなやかな喉越し。肩ロース肉のチャーシューと穂先メンマとナルトが入る。終盤に柚子七味を入れて味変することを勧められる。珍しくスープまで完食いたしました。。

前回の金彩はこちら

大阪市北区本庄東2-1-33


カテゴリー 天神橋筋六丁目, 麺料理 |