大国町

川上商店

大国町の木津卸売市場内にある表記の鰻料理店を訪問。自社の決算と納税が終了したので自分へのご褒美でこちらのお店を選択する。

元々は焼き鰻の卸売で、隣接する工場と販売店の横に飲食スペースを併設されている。私が子供の頃、こちらのお店に父親と朝から鰻丼をよく食べに来た記憶がある。あまり知られてはいないけど鰻の専門店としては創業80年になる老舗。こちらのお店の前身は今の住吉大社駅の前にあった「伊賀治」という明治創業の料亭で名物料理が鰻の蒲焼きだったと聞き及ぶ。

毎日、早朝から三重産の大きなサイズの活鰻を金串に刺しまくりながら関西の「地焼き」にこだわり、炭火で焼きまくる。業務用としての蒲焼のクオリティは大阪では一番と思う。

イートインのお店はテーブルが4つとカウンター3席のみ。おかみさん(ママと呼ばれている)を中心にして女性パートだけで切り盛り。朝に焼かれた鰻を注文ごとにカットして分厚い鉄板で再加熱して提供。昼前には鰻が売り切れて営業終了のことが多いので午前中の訪問がおすすめ。

最初にうざく1100円を所望。カットされた身厚で熱々の鰻と小ぶりの胡瓜だけの潔さ。マイルドな酸味がとてもいい。

この日は張り込んで「特上まむし3300円」をいただく。界隈では5000円くらいする内容と思う。皮はパリパリで身はふわふわ。高温の炭火で焼き上げているので小骨は全て焼き切れている。タレもすっきりした味わいでほぼ好みの味に近い。

結構なボリュームだけど飲むように一気にいただいてしまう。膨満感もほとんどない。。いつもながら美味しくいただきました。。

*駐車場は宝くじ売り場で無料券発行いただけます。

最近、普通の和食店やそれ以外の業態の店で鰻重を提供するのをよく見かける。高単価商品で冷凍保存もできてレンジで温めれば再現性も高く、味の劣化が客にわかりにくいということが理由と思われる。客単価800円のファミリーレストランで2800円の鰻重が新商品としてリリースされることも見る。コロナ禍の中での生き残りもその理由の一つであろう。
しかしながら客から見れば「土俵」のないところで相撲を取るようにしか見えず、大体そういったメニューはお客に衝撃を与えるような突出したものにはなっていない。つまりそのメニューの根源に異常な情熱や想いがないために客の心に刺さらない。中途半端に始まって中途半端に終了することがほとんどのように思われる・・・鰻重を食べて自省する機会となりました。。

過去の川上商店はこちら

浪速区敷津東2-2-8大阪木津地方卸売市場内
06-6634-5910
AM5:00~PM:1:00


カテゴリー 大国町, |

かなえ寿司 7月

大阪木津卸売市場内にある表記の寿司店をランチタイムに訪問。大阪メトロ大国町駅、南海高野線今宮戎駅から徒歩3分。卸売市場なので駐車場も完備(駐車券をもらって精算する仕組み)。市場の寿司店なので朝(以前は5時開店だったけど最近は9時に変更)から午後2時くらいまでの営業。朝は市場の客が中心で昼は界隈の客が多い。最近は雑誌やブログ、インスタを見た女性グループも来店されるよう。どちらにしても常連率がかなり高い。

創業明治33年というこちらのお店はファザードも昭和感満載。店内はカウンター10席とテーブルが2卓。

メニューはアラカルトもあるけど握り8貫の盛り合わせが中心。価格は1000円、1500円、3000円とあり金額の差はネタの内容の差。1500円が一番コスパがいいとよく聞き及ぶ。まずは盛り合わせを注文してから別に赤出汁とか好きな握りを頼むのがオススメ。

カウンターの中で高齢の3代目とそのご子息の4代目が切り盛り。4代目がネタの切りつけを行いそれを高齢の3代目が握って盛り付ける。

握りは市場寿司ならではのほろ温いシャリを掴んでふんわりとネタと合わせる手法。わさびはつけない。酸味の効いたシャリは柔らかめで個人的には好み。今回も苦手なマグロ・鰹等の赤身抜き3000円の握り盛り合わせを所望する。

水槽から引き上げて包丁をするコリコリの鮑は火入れした肝が添えられる。続いて磯の香りもいい赤貝は紐も一緒に握っていただける。ねっとり食感の平目、北海道産の雲丹の軍艦巻きが最初に供される。全てわさびの入った醤油を自分で刷毛を使って塗るシステムとなっている。

2皿目はここ数年漁獲量の少ないいくら、骨切りして皮目だけ炙って肝と生姜とネギを添えた鱧はワンランク上の美味しさ。大きなサイズの甘海老は2匹分で食べ応え満点。地焼の鰻もとても美味しい。雑駁に見えるけど上質でケレンがない寿司で個人的にとても口に合う。ごちそうさまでした。。。

過去のかなえ寿司はこちら

大阪市浪速区敷津東2-2-8 木津卸売市場内
06-6649-1308


カテゴリー 大国町, 寿司 |

釜揚げうどん 一紀

西成にある表記の超繁盛うどん店をランチタイムに訪問。JR環状線の今宮駅より南西に5分ほど、国道43号線となにわ筋の交差点の一本南側に位置する。車でなければかなり行きにくい場所。ビルの1階で暖簾が目印、お店の隣にタイムズ24(駐車場)がある。

店内はカウンターが3席とテーブル6卓の全26席。昼のみの営業で、開店から常に満席の店内は広々としていて木目を基調とした温かみのある雰囲気。ご主人以外は全員女性スタッフさんで切り盛り。

大阪に数店ある、八尾の釜揚げうどんの名店の「一忠(閉店)」門下生の中の一つ。ご主人はお客様に大きな声で挨拶をしながら、うどんを湯がいたり天ぷらを揚げながら製麺も行う。
店名の釜揚げうどん(並2玉 700円)が看板商品だけど、ぶっかけや釜玉、生醤油うどん等もある。店内はカレーうどん注文率がかな高い。

おにぎりやかやくご飯などがついたセットメニュー等もあり選択肢も多く、とても利用しやすい親切なお店。今回は油かすの入った釜揚げかすつけうどん小(1玉)1000円を所望する。

しばらくして着丼。かなりインパクトのあるビジュアルのつけ汁は脂カスと水菜、薄揚げと黒胡椒。脂カスが界隈でよく見る薄っぺらいものではなくてスライスした小腸の形がしっかり残った甘い味わいのもの。その油かすの旨味が入った甘めの出汁を黒胡椒とおろし生姜の辛味が引き締める。

うどんは太めでモチモチの食感でねじれもあって手打ちそのものの味わい。喉越しも良くてストレスなくいくらでも食べることができる感じ。この店は7時半からの日曜限定朝うどんも有名で朝から行列となる。地域密着のいいお店です。

前回の一紀はこちら

大阪市西成区南開1-6-10
平日:11:00~14:00/18:00~21:00
日曜:7:30~10:00/11:00~14:00
定休日:水曜日


カテゴリー 大国町, 麺料理 |